強調表現の3パターンを例文で確認しよう

強調高校レベル英語の解説

ネコ
物事を強調して言いたいときにはどうやって言えばいいのですか?

ウサギ
いくつか方法はあります。「強調構文を使う」「強調語句を使う」「very や much を使う」という3つに分類することができますね。それらを例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

It is ~ that …. の強調構文

強調したい文の要素を It is と that の間に置きます。もとの文が現在時制なら It is 過去時制なら It was を用います。動詞・形容詞は強調できません。人を強調するときは who 、物を強調するときは which を使うこともあります。

Tom bought a book in the store yesterday.
トムは昨日その店で本を買った

It was Tom that (who) bought a book in the store yesterday.
昨日その店で本を買ったのは、トムだった
It was a book that Tom bought in the store yesterday.
昨日トムがその店で買ったのは、本だった
It was in the store that Tom bought a book yesterday.
昨日トムが本を買ったのは、その店だった
It was yesterday that Tom bought a book in the store.
トムがその店で本を買ったのは、昨日だった

ネコ
It is と that で強調したいものを挟むんですね。

ウサギ
疑問詞を強調する場合は、疑問詞を文頭に持ってきます。

Who was it that bought a book in the store yesterday?
昨日その店で本を買ったのは、誰だ?

ネコ
It is … that ~ の強調構文は、It, is, that を消しても、文として成り立っているんですね。

ウサギ
そうです。だから関係代名詞の that とは、そこで区別ができますよ。

強調語句による強調

ウサギ
次は強調語句による強調です。

助動詞の do / does / did を動詞の原形の直前に置く。

I did have a good time.
私は本当に楽しい時を過ごした。

疑問詞を in the world / on earth で強調する。

What in the world do you mean?
一体全体あなたは何を言いたいの?

疑問詞のない疑問文は at all で強調する。

Do you believe it at all?
あなたは一体それを信じるの?

否定語は at all / in the least などで強調して、「少しも~でない」となる。

He didn’t study English at all.
彼は英語を少しも勉強しなかった。

ネコ
What the hell? みたいな言い方をドラマで聞いたよ。これも強調なんだよね。でも少し下品な言い方みたいだね。

very と much の使い分け

ウサギ
最後に very と much です。

very は形容詞・副詞の原級そして現在分詞を強めます。

Tokyo is a very big city.
東京はとても大きな町です。
I found the game very exciting.
私はその試合がとても面白いと思った

much は形容詞・副詞の比較級と最上級そして過去分詞を強めます。

She is much the tallest girl.
彼女はとびぬけて背の高い少女です。
He is much disliked.
彼はとても嫌われている

ネコ
あれ? very が過去分詞を強調している文も、見たことがありますよ。これはどうしてですか。

We were very tired.
私たちはとても疲れた

ウサギ
これは tired が形容詞として使われているんです。だから very を使っているんです。

また very は形容詞として名詞を強めることもあります。

This is the very book I have wanted.
これは私が欲しかった、まさにその時計です。

ネコ
very が名詞を修飾するやつは知らなかったよ。それにしても very と much の使い分けが難しい。例文を何回も口に出して、慣れていくしかないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました