日本語では能動態なのに英語では受動態になる動詞

高校レベル英文法・長文の解説
この記事は約3分で読めます。

ウサギ
日本語だと「能動態」っぽく思えるけど、英語では「受動態」になるものは結構あるよね。これらは特に大切なものだから覚えておくといいよ。

スポンサーリンク

「負傷する」系の動詞

・be killed 「(事故などで) 死ぬ」
My brother was killed in a traffic accident.
私の兄は交通事故で亡くなった
・be drowned 「溺死する」
Two of them were drowned.
彼らの内二人がおぼれた
・be injured 「(事故などで) 怪我をする」
She was injured in the car accident.
彼女はその自動車事故で負傷した
・be wounded 「(武器などで) 傷を負う」
He was wounded in the war.
彼は戦争で負傷した。

ネコ
もともと「けがをさせる」という動詞があって、そこから「けがをさせられる」→「けがをする」となるんだね。

「~に驚く」系の動詞

・be amazed at ~ 「~に驚く」
He was amazed at the news.
彼はその話を聞いて仰天した。
・be astonished at ~ 「~に驚く」
We were astonished at the news.
私達はその知らせにびっくりした。
・be surprised at ~ 「~に驚く」
I was surprised at the news.
私はその知らせに驚いた。

ネコ
例の「アッと(at)驚く系」のやつですね。

ショックを受ける系の動詞

・be shocked 「ショックを受ける」
You will be shocked to hear this.
あなたはこれを聞いて衝撃を受けるだろう。
・be disappointed 「がっかりする」
We were disappointed in him.
私たちは彼に失望した。

ネコ
「がっかりさせられている」んですね。確かに何か外的要因がないと、がっかりはしないですものね。そう考えると「気持ち」に関するものは、受動態になりそうですね。

気に入る系の動詞

・be pleased with ~ 「~を気に入る」
He is pleased with the plan.
彼はその計画が気に入っている。
・be satisfied with ~ 「~に満足する」
He was satisfied with the result.
彼はその結果に満足した。

ネコ
これも「気持ち」に関するものですね。ここは前置詞も含めて、決まり文句として覚えたほうがいいかも。

その他の動詞

・be interested in ~ 「~に興味がある」
I am interested in taking pictures.
私は写真を撮る事に興味がある。
・be convinced of ~ 「~を確信する」
We are all convinced of his success.
私たちはみんな彼の成功を確信している。
・be born 「生まれる」
I was born in the year that grandfather died.
私は祖父が死んだ年に生まれた。
・be engaged in ~ 「~に従事している」
She is engaged in writing a book.
彼女は本を書くのに没頭している。
・be seated 「座る」
He was seated all alone.
彼は一人ぼっちで座っていた。

ネコ
赤ちゃんが生まれるのは、赤ちゃん自身に自我があって、自ら生まれようとして生まれたわけではないもんね。神様的なものによって「誕生させられた」ということなんでしょうね。

そんな風に考えていくと、受動態の表現って面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました