for+期間をあらわす語句

この記事は約3分で読めます。
問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
I (   ) in Tokyo for twenty years by this April.
ア. have lived / イ. shall have lived / ウ. was living / エ. may be lived

ネコ
何から考えていいか、わからなくなったよ。

ウサギ
まず、選択肢を見てもらうと、いろいろな時制が並んでいますね。時制を選ぶ問題に関しては、問題文中に時制のキーワードが大概あります。今回の問題で言えば、「for+期間をあらわす語句」です。

こういった時制をたずねる問題で「for+期間をあらわす語句」があれば、その文の時制は大抵「完了」です。そこで「ウ」と「エ」が消えます。

ネコ
ああ、なるほどね。

ウサギ
次に注目するのは by です。この by は「期限」をあらわす前置詞で、これがあると「未来完了」であることがかなり多いです。よって正解は「イ」です。

ネコ
え? そんな簡単に片付けていいのですか?

ウサギ
もう少し付け加えますと、this April は「この4月」という意味です。この4月とはいつの4月かといいますと、「今年の4月」です。では、今がいつなのかといいますと、それはわかりません。

ネコ
もし今が「8月」なら「過去完了」にしなくてはいけないんじゃなのですか? あ、でも選択肢を見てみると「過去完了」はないから、それは考えなくていいのか。ん? でももし今が「4月」なら「現在完了」になるんじゃないのですか?

ウサギ
「現在」というのは発話(その言葉を口に出している)時点のことを言うのであって、仮に今が4月の中旬として4月末のことを
this April と言ったり、4月の初めを this April と言ったりすると、それは「未来」であり「過去」になるのです。

ネコ
では、まさに発話時点の今を指して this April と言うなら「現在」じゃないのですか?

ウサギ
落ち着いて考えてみてね。まさに今のことは「今」だから、「この4月」なんて言いませんよね。そんなこんなで現在完了の「ア」は不正解になるのです。

ネコ
ふぅー、ややこしいなぁ。ということは、発話時点の今は「1月~3月(もしかすると4月)」であり、この
this April は先の4月を指していることから、基準が「未来」なんですね。

ウサギ
では、確認問題です。

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
The tree, which (   ) for 120 years, crashed to the ground on a stormy night.
ア. stands / イ. has been standing / ウ. have stood / エ. had stood

ネコ
for 120 years より「完了」。その後の crashed の ed より「過去」。「過去完了」の「エ」が正解ですね。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました