前置詞の後は動名詞

高校レベル英語の解説
スポンサーリンク

前置詞の後ろは動名詞

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
He sometimes stayed in bed all day long instead of (   ) to school.
ア go / イ going / ウ goes / エ to go

ネコ
どう考えたらいいんですか?

ウサギ
(  )の前が前置詞なのに注目です。

前置詞の後は「名詞」か「動名詞」になります。

ネコ
ということは正解は「イ」ですね。

He sometimes stayed in bed all day long instead of going to school.
彼は時々学校に行く代わりに一日中ベッドにいた。

to の後ろでも動名詞

問題次の各文の(   )に入る最も適当なものを ア~エ の中から1つ選びなさい。
You’ll soon get used to (   ) a book carefully.
ア have been reading / イ reading / ウ be read / エ have read

ネコ
to があるので、その後は動詞の原形ですね。正解は「イ」以外ですね。

ウサギ
正解は「イ」です。この to は不定詞の to ではなく、前置詞の to なのです。

You’ll soon get used to reading a book carefully.
あなたはすぐに本を注意深く読むことに慣れるでしょう。

ネコ
えー、to って言ったら、後ろは動詞の原形じゃないのですか?

ウサギ
以下のものは不定詞の to と間違えやすい前置詞の to を含む連語です。何回も口に出して慣れておくのがよいですね。

to の後ろに動名詞がくるパターン

look forward to ~ing / ~するのを楽しみに待つ
be/get used to ~ing / ~するのに慣れている
be/get accustomed to ~ing / ~するのに慣れている
object to ~ing / ~するのに反対する
admit to ~ing / ~したことを認める
be opposed to ~ing / ~することに反対する
What do you say to ~ing? / ~するのはどうですか
with a view to ~ing / ~する目的で
in addition to ~ing / ~することに加えて

コメント

タイトルとURLをコピーしました