丁寧・控えめの表現を例文で確認しよう

丁寧、控えめの表現高校レベル英語の解説

ネコ
could は can の過去形、might はmay の過去形、would はwill の過去形、should は shall の過去形ですよね。

ウサギ
実は、could / might / would / should は、形は過去形ですが、現在の依頼や願望をあらわす表現にもなります。それを例文を使いながら確認していきましょう。

丁寧な依頼

Could you ~? / Would you ~? (~していただけませんか)

Could you turn off the lights?
電気を消していただけませんか。
Yes, I can. / Sure. / All right.
いいですよ。
答えるときは can / may で答える事に注意!

Could I ~? / May (Might) I ~? (~してよろしいでしょうか)

Could I have a cup of coffee?
コーヒー一杯いただいてよろしいでしょうか。

ウサギ
これが現在形なら、こうなります。

Can you ~? / Will you ~? (~してくれませんか)
Can I ~? (~しましょうか)

Can you turn off the lights ?
電気を消してくれない?

ネコ
現在形なら、友達同士の会話みたいになりますね。目上の人や初対面の人には Could や Would を使った方がよさそうだね。

願望をあらわす表現

would like to ~ / ~したいのですが。

I would like to have another cup of coffee.
コーヒーをもう1杯いただきたいのですが。

ウサギ
「want to ~ / ~したい」よりも、丁寧な表現になります。

相手に物を勧める言い方

Would you ~? / ~はいかがですか。

Would you like some coffee?
コーヒーはいかがですか。

ネコ
物を勧める言い方なので、any ではなく、some を使っているんですね。

控えめな推量

might ~ / ~かもしれない

I might be mistaken.
私は間違っているかもしれない。

ウサギ
may でも同じような意味だけど、過去にすることで、へりくだる感じが出ているんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました