原級はサンドイッチ方式? as ~ as の表現を徹底解説

原級はサンドイッチ方式なのか中学レベル英語の解説

「…と同じくらい~」と2つのものを比べて同じ程度であることをいうとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。原級を使った比較表現を学習するとき、サンドイッチ方式と習うことがあるそうですが、果たしてそれでよいのでしょうか。as ~ as の表現を解説します。

as+原級 (もとの形)+as… =「…と同じくらい~」
I can run as fast as you.
わたしはあなたと同じくらい速く走ることができます。

ネコ
原級を使った比較を習いました。as と as で形容詞や副詞を挟むんですよね。サンドイッチ方式だって言ってましたよ。

ウサギ
サンドイッチ方式って教わったのですか!……まぁ、それで問題が解けるのならいいんだけど、とりあえずやってみましょうか

スポンサーリンク

形容詞

問題あなたは二コール・キッドマンと同じくらい美しいです。
(Nicole Kidman / as /are / as / beautiful / you / . )

ネコ
「ニコール・キッドマンと同じくらい」だから Nicole Kidman を最後にして、「同じくらい美しい」ということは、beautiful を as と as で挟むんだから、as beautiful as になって、英語の文は「主語+動詞」で始めるから、You are から始めるってことは……

You are as beautiful as Nicole Kidman.
あなたは二コール・キッドマンと同じくらい美しいです

ウサギ
ふむ、確かにできているね。では次の問題に挑戦してみよう。

副詞

問題わたしは母と同じくらい早く起きました。
(as / mother / early / got / I / my / up / as / . )

ネコ
「母と同じくらい」だから my mother を最後にして、「同じくらい早く」ということは、early を as と as で挟むんだから、as early as になって、英語の文は「主語+動詞」で始めるから、I got up から始めるってことは……

I got up as early as my mother.
わたしは母と同じくらい早く起きました

ウサギ
ふむ、確かにできているね。では次の問題に挑戦してみよう。

as と as は違う言葉

問題わたしはあなたと同じくらいのたくさんの本を持っています。
(I / as / as / have / books / you / many / . )

ネコ
「あなたと同じくらい」だから you を最後にして、「同じくらいの数」ということは、many を as と as で挟むんだから、as many as になるよね。

英語の文は「主語+動詞」で始めるから、I have から始めるってことは…… I have as many as you. あれ? books はどうしたらいいんだろう?

「私は本を持っています」だから、こうなるのかな。

I have books as many as you.

ウサギ
違いますよ。正解はこうです。

I have as many books as you.
わたしはあなたと同じくらいのたくさんの本を持っています

ネコ
え? books の場所はそこなんですか? でも as と as で形容詞か副詞を挟んで、そのことについて後にくる語句と「同じ」ってなるんでしょ。

だったら as many as にならないといけない……いや、今回の問題は many books について「同じ」ってなるのだから、これでいいのか……うーん、わけが分からなくなってきました。

ウサギ
そもそも as と as で挟む、サンドイッチ方式という考え方が変なんですね。

まず2つある as のうち、前にある方の as は「同じくらい~」という「副詞」です。なので「形容詞」か「副詞」を修飾します。

だから、as many となりますよね。これで「同じくらい多い」の意味です。ここまで大丈夫?

ネコ
なんとか。

ウサギ
後ろにあるほうの as は「~と比べて」という「接続詞」です。その後には文が続きますが、前半の文と繰り返しになるような部分は省略されます。

だから本来は as you have many books なんですが、have many books の部分は省略されて、as you になります。これで「あなたと比べて」の意味です。

I have as many books as you.
私はあなたと比べて同じくらい多くの本を持っています
→ 私はあなたと同じくらい多くの本を持っています

ネコ
うーん、なんかピンとこないなぁ。

more … than ~ と同じ

ウサギ
では、この文を見てみましょう。

This movie is more popular than that one.
この映画はあの映画より人気があります。
This movie is as popular as that one.
この映画はあの映画と同じくらい人気があります。

これの more が最初の as で、than が後ろの as と考えたらどうでしょう。同じ感じですよね。

ネコ
そういわれるとそうですね。「アズアズ」なんて言っていたから、同じ単語のイメージでしたが、more と than と考えると別物の気がしてきました。

ウサギ
サンドイッチ方式で解ける問題はありますが、この原級の表現をしっかり理解していると、「so+形容詞+a+名詞」「such+a+形容詞+名詞」にもつながるんですね。ぜひ頑張ってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました