比較級の表現

この記事は約2分で読めます。

ネコ
比較の表現がよく分からないよ。何に er をつけて、どこに than が入るのですか。

スポンサーリンク

比較級の文の作り方

ウサギ
2つのものを比べて「AはBより~だ」と言うとき、比較級を使います。

たとえば Mike と Ken がいて、彼らの背の高さを比べて、Mike のほうが高いことをあらわしたいとします。

Mike is tall. / マイクは背が高い。
Ken is tall. / ケンは背が高い。

という2つの文章が思い浮かぶよね。

ネコ
うんうん。

ウサギ
で、マイクの方が背が高いのだから、こういう式が成り立ちます。

Mike is tall. > Ken is tall.
「 > 」の代わりに than を入れて、比べる基準になる形容詞に -er をつければ、比較の文が完成します。
Mike is taller than Ken (is tall).
マイクはケンより背が高い。

「is tall」は繰り返しになるので、通常は省略します。

スポンサーリンク

比較級の否定

ネコ
では Mike が Ken ほど背が高くなかったらどうなるのですか?

ウサギ
その場合は、こういう式が成り立ちますね。

Mike is tall. ≦ Ken is tall.
「 ≦ 」のときは、比較級の否定文にします。
Mike is not taller than Ken.
マイクはケンより背が高くはない

長い語の比較

ネコ
長い語の時は少し注意しなくちゃいけないって言われたんですが。

ウサギ
長い語の比較はこうなります。

比較的長い単語の比較は、more をつけて比較級にします。
This flower is more beautiful than that one.
この花はあの花よりも美しいです。

ネコ
-er の変化を考えなくて済むので、こっちの方が楽かも。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました