最上級の文の作り方と長い語の最上級

最上級の表現中学レベル英語の解説

「~の中で一番…」というとき、英語でどういうのでしょうか。最上級とはどういう表現なのか。また比較的長い語の最上級はどういう形になるのでしょうか。今回は最上級の文の作り方と、of と in の使い分け、長い語の最上級に作り方について解説します。

スポンサーリンク

最上級の文の作り方

ネコ
最上級を使う表現もあったよね。どんなのでしたっけ?

ウサギ
比較級・原級を使う表現は2つのものを比べる表現でしたが、最上級は3つ以上のものを比べる表現です。その3つ以上の中で「一番~」ということをあらわすのが最上級の表現です。

ネコ
なるほどね。

ウサギ
最上級の文はこうやって作ります。

・形容詞・副詞に -est をつける。
・形容詞・副詞の前に the をつける。(副詞の場合は the をつけないことがあります)
・いくつかの中で比べる → of を使う。
・範囲の中で比べる → in を使う。
Mike is tall.

Mike is the tallest of the three.
マイクは3人の中で一番背が高い。
Mike is the tallest in our class.
マイクはクラスの中で一番背が高い。

ネコ
数字のときには「of the three」という感じで、the がつくんですね。これをうっかりしそうです。

ウサギ
「全部の中で」というときは「of all」となります。これには the はいりません。紛らわしいね。

長い語の最上級

ネコ
長い語の時は少し注意しなくちゃいけないって言われたんですが。

ウサギ
長い語の最上級はこうなります。

比較的長い単語の最上級は the most をつけて最上級にします。
This flower is the most beautiful in the garden.
この花はその庭の中で一番美しいです。

ネコ
the most の部分で「一番」と意識すると、イメージがしやすいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました