【解説】2009年センター試験第3問A「意味類推」

2009年度センター試験英語解説共通テスト・センター英語解説
スポンサーリンク

問1

問題次の問の英文を読み、下線部の語句の意味をそれぞれの文章から推測し、(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。問1

Elsie : Hi, Chiara. How’s your speech for tomorrow’s class coming along?

Chiara : Actually, I’m in a bit of a panic. The topic I chose to talk about is a real can of worms.

Elsie : Really?

Chiara : Yes, it’s incredibly complicated. There are so many issues involved. I just can’t see how to cover everything in a three-minute speech.

In this dialogue, a real can of worms means something that (   ).

1. contain many secrets
2. has a lot of problems
3. is not interesting
4. takes little time

【解説】

問われている語が誰かの発言ならば、その人の気持ちをあらわす言葉に注目する。この問題では panic という言葉がそれにあたるでしょう。その panic を踏まえて選択肢を確認していきます。

1. contain many secrets
たくさんの秘密が含まれている
2. has a lot of problems
たくさんの問題(点)がある
3. is not interesting
面白くない
4. takes little time
時間がほとんどかからない

「3」「4」は、もしそうだからといって「パニック」にはならないですよね。

「1」「2」のどちらかになりそうだなと思いながら続きを読んでいくと、many issues involved という表現が出てきました。

There are so many issues involved.
多くのイシューが含まれている

この issue という英単語が secret の意味なら 1.が正解になり、problem の意味なら 2.が正解ということですね。

続きの文を読んでいくと、こうあります。

I just can’t see how to cover everything in a three-minute speech.
「3分のスピーチですべてをカバーする方法が分からない」

その「すべて」が many issues のことでしょう。するとどうやら「secret / 秘密」ではなさそうですね。

では「problem / 問題」ならいいのかというと、「スピーチの話題に問題 (困ったこと) がたくさんある」と考えると、これまたしっくりきません。

実は problem の「問題点」には「困ったこと」という意味以外に「論点」という含みもあったのです。それなら「3分のスピーチですべてをカバーする方法が分からない」のも納得です。つまり issue という英単語の意味も「論点」とかそういうことだったのです。

ちなみに a real can of worms の worm は釣りをする人なら良くご存知の「ワーム」です。あのミミズみたいなやつが「缶」の中にうじゃうじゃいる様子を想像していただくと、(気持ち悪いのはおいといて)「論点」がたくさんあってゴチャゴチャしている様子がわかるでしょう。

【正解】2

問2

問題次の問の英文を読み、下線部の語句の意味をそれぞれの文章から推測し、(   )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

問2
Takefumi promised that he would meet me every day after school this month from 5 to 7 p.m. so we could study for our history exam together. This is only the second week, but he’s already missed several meetings due to football practice. It’s difficult to maintain a good study schedule because of his sporadic attendance.

In this situation, sporadic means (   ).

1. daily
2. invaluable
3. irregular
4. responsible

【解説】

「対比・逆接」をあらわす「接続詞・接続副詞」はいろいろな意味で大切なのだが、ここではその後に続く文に注目してみましょう。なぜかというと、特に英語に限った話ではないですが「でもね」とか「しかし」という言葉が出た後は、大事な話や、その人の一番言いたいことが出てきますよね。

今回の問題はそれとは若干意味合いは違うかもしれませんが、結果として but の後ろの文が問題を解くにあたって大切な文になっていることは確かです。

he’s already missed several meetings
「彼はすでに数回ミーティングを欠席している」

・he’s = he has (現在完了ですね)

それと sporadic attendance = sporadic な出席 を比べてみましょう。だいぶ見えてきましたね。

1. daily だと毎日出席していることになるからこの時点で不正解とわかる。
2. invaluable だと「非常に貴重な出席」
3. irregular だと「不規則な出席」
4. responsible だと「責任ある出席」(すでに数回休んでいるんだから無責任?)

「2」か「3」のどちらかっぽいですね。一応「4」を保留にしておきました。
いよいよ sporadic を含む英文全体を見てみましょう。

It’s difficult to maintain a good study schedule because of his sporadic attendance.
彼の散発的な出席のために、良い学習スケジュールを維持することは困難です。

・It is ~ to ~. の構文
・because of ~ / ~のために

『sporadic な出席のために a good study schedule を maintain することが difficult 』です。

maintain は「保つ」の意味です。「メンテナンス / maintenance」の動詞形です。

『よい勉強スケジュールを保つのが難しい』理由を、選択肢から選べばよいです。となると「3」irregular の「不規則な出席」がそれにあたりますね。

【正解】3

コメント

タイトルとURLをコピーしました