仮定法過去完了の作り方と形

この記事は約1分で読めます。

ウサギ
過去において起こらなかったことを仮定するとき、仮定法過去完了を使います。仮定法過去と同じく、if で始まる「もし~」の節を「条件節」と言い、「~だったろうに」の節を「帰結節」と言います。

条件節の動詞は過去形完了形を使います。帰結節の動詞は以下の形になります。

仮定法過去完了の帰結節の形

would+have+動詞の原形 / ~しただろうに
should+have+動詞の原形 / ~しただろうに
could+have+動詞の原形 / ~できたのに
might+have+動詞の原形 / ~したかもしれないのに
If I had studied English harder, I would have passed the test.
もっと熱心に英語を勉強していたら、そのテストに受かっていたのになぁ。

ネコ
過去の事実に反する仮定は、過去の前の時制である「過去完了形」を使うんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました