関係詞副詞とは、省略に関する注意点を例文で確認しよう

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

関係副詞

ウサギ
関係副詞とは、接続詞の働きと副詞の働きを兼ね合わせたものです。関係副詞は「前置詞+関係代名詞」と書きかえることができます。

関係副詞のパターン

先行詞が「時 (day など) 」→ when = at which
先行詞が「場所 (place など)」 → where = in which
先行詞が「理由 (reason のみ)」 → why = for which
先行詞が「なし (the way が含まれている)」 → how = the way in which

ネコ
先行詞と関係副詞は、だいたいペアになっているんですね。

スポンサーリンク

関係副詞の省略

ウサギ
あと注意してほしいのは、省略に関することです。それぞれ例文を使いながら確認していきましょう。

関係副詞 when

関係副詞の when は、省略されることも多いです。

Tell me the time when you will come.
Tell me the time you will come.
あなたがくる時間を教えてください。

関係副詞 where

関係副詞の where は、先行詞が place の場合は省略されることもあります。

This is the place where my father was born.
This is the place my father was born.
ここが私の父が生まれた場所です。

関係副詞 why

関係副詞の why の先行詞は reason のみで、why は省略されることもあります。

Tell me the reason why you married her.
Tell me the reason you married her.
あなたが彼女と結婚した理由を教えてください

関係副詞 how

関係副詞の how は、先行詞の the way を含んでいます。逆に the way のみを書いて、how を省略することもあります。

This is how I usually cook fish.
This is the way I usually cook fish.
これが、私が魚をいつも料理する方法です。

ネコ
注意すること、めっちゃくちゃありますね。要するに、関係副詞は省略することが、よくあるということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました