please を使った丁寧な否定の命令文の作り方

この記事は約2分で読めます。

問題「ここで野球をしないでください」を英訳しなさい。

ネコ
うーん……「~してください」っていうときは please を使うんですよね。だから「ここで野球をしてください」ならこうなるね。

Please play baseball here.

でも、「~するな」は don’t を文頭につけるんですよね。だから「ここで野球をするな」ならこうなる。

Don’t play baseball here.

その二つを合体させればいいんだよね。don’t を文頭につけたらいいんだから、

Don’t please play baseball here. ですかねぇ。

ウサギ
ちがうよ。正解はこうです。

Please don’t play baseball here.
please という語は、命令文の調子を和らげるために使います。つまり、まず命令文があって、そこに please を付け加えると考える。

ネコ
え? どっちでもよくない? 命令文に please をつけるんでしょ。だから「Play baseball here. / ここで野球をしなさい」に please をつけてPlease play baseball here. その否定だから Don’t please play baseball here. これでもいいんじゃないのですか?

ウサギ
まず、命令文とは何かをおさらいしましょう。

命令文とは?

命令文は、相手に向かって命令したり、依頼したりするもの。主語の You を省略してつくる。

つまり Don’t play baseball here. という文は You don’t play baseball here. の You を省略したものだから……

ネコ
ああ……Don’t play baseball here. が『命令文』なんですね。その命令文に please をつけるから Please don’t play baseball here. が正解ですね。

ウサギ
そうですね。まぁ、please は文末につけてもいいので、分かりづらかったらこうしてもいいですね。

Don’t play baseball here, please.

コメント

タイトルとURLをコピーしました