meet の意味は凸凹をイメージするとわかりやすい。

この記事は約3分で読めます。

あるとき英語を勉強していて、出くわした meet という単語。意味は? と聞かれたら、10人中9人(10人かも)は「会う」と答えるでしょう。果たして meet の意味はそれだけなのでしょうか?

スポンサーリンク

meet の意味は「会う」だけではない。

meet は意味の広がりが大きい英単語です。今回の英文では「(要求、条件を) 満たす」の意味で出てきました。

ちなみにその英文はこうです。

I wasn’t able to meet my boss’s demands, so he fired me.
私は上司の要求に応えることができなかったので解雇された。

また、新しい意味を覚えないといけないのか……ヤレヤレ、という感じです……が、この間、野球の試合を見ていて、ふと思うことがありました。

バットをボールに当てることを「ミート」といいます。芯に当たって、いい打球が飛ぶと「ジャストミートした」とかいいます。この「ミート」は、もしかすると meet なのか? 実際に辞書を調べてみると、やはりそうでした。

そのほか meet の意味には、「知り合いになる」「出迎える」「交わる」「(困難) に立ち向かう」「集まる」「結合する」などがありました。全体を見渡してみてどうでしょう? わたしとしては、こんなイメージが浮かびました。→ 凸凹

で、こいつ → 凸を横に倒して、こいつ → 凹も横に倒してお互い向かい合わせにします。そうして2つをあわせれば、カチッとはまって、ぴったりくっつきますね。たとえば「出迎える」なんかは凹の立場で考えたら、しっくりきませんか? また、「(困難) に立ち向かう」なんかは、「(困難を) 受け止める」と考えたら、さっきの「出迎える」と同じ感じになりますね。

そこで最初の例文

I wasn’t able to meet my boss’s demands, so he fired me.
私は上司の要求に応えることができなかったので解雇された。

この meet は、凸と凹がぴったり合うことと考えれば、しっくりきます。

スポンサーリンク

meet と see の区別の使い分け方

では最後に、「会う」について考えてみようと思います。これもやはり凹がハチ公前で立っていて、凸が「ごめんごめん、待った?」とやってきて、2つがぴったり合うのを想像すれば、「会う」のイメージがあると思います。

ところで同じ「会う」でよく見る単語に、see という単語があります。この「see と meet の区別をどうするか?」は誰もが一度は疑問に思うでしょう。

いろいろ調べてみると「meet は、はじめての場合、see は2回目以降に使う」や、「意志を持って合うのが meet 、偶発的なのが see」とか、いろいろな話がありますが、この凸凹の感覚を持ってみればわかりやすくなります。凸凹双方の合意があってぴったり合うので、meet に関してはどちら側からも「会う」気持ちがあることがわかります。

逆に see は相手の気持ちは関係なく、自分が「会う」であったり、「見る」とか「見える」とかの流れから「見かける」という意味での「会う」であったりします。

一応ネット検索でも調べてみましたが、この「meet が凸凹のイメージ」というのは誰も言っていないと考えてこの記事をつくりました。

スポンサーリンク
中学レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました