中学レベル英語の解説

中学レベル英語の解説

間接疑問文の語順の考え方

疑問詞がある疑問文が文中に入った文のことを「間接疑問文」といいます。間接疑問文は語順が難しいです。間接疑問文の語順はどうなるのでしょうか。今回は間接疑問文の語順と、その間接疑問文の語順を、どのように考えればいいのかについて解説します。
中学レベル英語の解説

先行詞とは? 先行詞の簡単な見つけ方とポイント

関係詞は代名詞の働きと接続詞の働きを兼ねています。関係詞が指す(代名詞としての働き)対象のことを先行詞といいます。関係代名詞を使って2文を1文にするとき、先行詞をどうやって見つけたらいいのでしょうか。今回は先行詞の簡単な見つけ方のコツを解説します。
中学レベル英語の解説

サンドイッチ型の関係代名詞

関係代名詞の文は関係詞節がおかれる場所によって「サンドイッチ型」と「しっぽ型」に分類されます。「サンドイッチ型」と「しっぽ型」の関係代名詞とはどういうものなのでしょうか。特に苦手とする人が多い「サンドイッチ型」の関係代名詞について詳しく解説します。
中学レベル英語の解説

目的語になる関係代名詞 that / which の使い方

目的語になる関係代名詞には that と which があります。目的語になる関係代名詞は、どのようにして使うのでしょうか。今回は目的語になる関係代名詞 that と which の使い方、また訳し方のコツや、接触節との書きかえについて解説します。
中学レベル英語の解説

主語になる関係代名詞 that / which の使い方

主語になる関係代名詞に that と which があります。関係代名詞の that と which はどのようにして使うのでしょうか。また who と that(which) との使い分けはどうすればよいのでしょうか。今回は主語になる関係代名詞 that と which の用法について解説します。
中学レベル英語の解説

主語になる関係代名詞 who の使い方

主語になる関係代名詞に who があります。関係代名詞の who はどのように使うのでしょうか。また関係代名詞の who がある文は、どのように訳せばよいのでしょうか。今回は関係代名詞の who がある文の用法と、訳し方のコツについて解説します。
中学レベル英語の解説

名詞を説明する分詞(分詞の形容詞的用法)にはbe動詞がいらない

ing形とくれば「be動詞+~ing」の現在進行形、過去分詞とくれば「be動詞+過去分詞」の受け身を思い浮かべてしまいます。ですが、分詞の形容詞的用法では be動詞は必要ありません。なぜ分子の形容的用法には be動詞が必要ないのかを解説します。
中学レベル英語の解説

分詞を含む文の語順の考え方

「~している…」や「~されている…」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。分詞を含む文の語順は、日本語とはどのように違うのでしょうか。日本語からベースとなる文を見つけて、そこから分詞を含む文の語順を考えるやり方を解説します。
中学レベル英語の解説

現在分詞・過去分詞の位置の見分け方

「~している…」「~されている…」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。現在分詞と過去分詞の形容詞的用法には、その置かれる位置によって「しっぽ型」と「サンドイッチ型」があります。現在分詞・過去分詞の位置の見分け方について解説します。
中学レベル英語の解説

「ずっと~している」の意味になる現在完了の作り方

「ずっと~している」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また2文を1文にするとき、どちらの文の動詞を使って現在完了にすればよいのでしょうか。今回は「ずっと~している」の意味になる現在完了の作り方と、動詞の見分け方について解説します。
中学レベル英語の解説

have been to と have been in の違い

「ずっと~にいる」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また「have been to ~」と「have been in ~」の違いは何なのでしょうか。今回は現在完了の have been to と have been in の違いについて解説します。
中学レベル英語の解説

have been でよくあるミス その1

英語で「~に行ったことがある」と経験をいうとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。また「ずっと~にいる」というとき、英語でどのように言えばよいのでしょうか。今回は現在完了でもよく間違えやすい have been となる形の用法を解説します。
タイトルとURLをコピーしました