say / tell / speak / talk の使い分け

この記事は約2分で読めます。
問題(   ) 内に適する語を入れなさい。
問 Father used to (  ) us bedtime stories.
1. say to / 2. speak to / 3. talk to / 4. tell

ウサギ
英文の意味は、「お父さんは、よく私たちにベッドで物語を話してくれたものだ」ですね。

サル
(  ) には「言う」という言葉が入るんですよね。という事は「全部正解」なわけないですよね。say / speak / talk / tell にはどういう違いがあるのですか。

ウサギ
speak と talk は話す行為自体を表しています。speak は必ずしも話し相手は必要ありませんが、talk は相手に向かって話をすることなので、絶対に相手は必要です。speak は「演説 / スピーチ」、talk は「お喋り」のイメージで考えるといいんじゃないかな。

tell は話の内容に重点が置かれ、「~を伝える」「~を教える」という意味です。人から聞いたり本などで知ったりした内容を言う感じですかね。say は実際に話された言葉自体に重点が置かれ、その言葉を直接話法で表すことが多いです。自分の考えを言葉に出すという感じ…

サル
???

ウサギ
まぁ、そうなるでしょうね。では別方面から考えてみましょう。まずこの文の文型は第何文型かな。

サル
Father が主語なので S です。動詞の V は use to (  ) で、us が目的語の O ですね。あっ、その後ろの bedtime stories も目的語なので、この英文は SVOO の第4文型ですね。

ウサギ
そのとおりです。そして動詞 V の後ろに「OO」と目的語が2つ重なるものを、二重目的語と言います。そしてこういうことが言えます。

「言う」系の動詞の中で、「二重目的語」をとることができるのは「tell」のみ。

サル
すると答えは4.の tell ですね。

Father used to tell us bedtime stories.
父はよく私たちに寝物語をしてくれたものだ。

ウサギ
はい、正解です。そのほか二重目的語をとることができる動詞の例は、次のようなものがあります。

二重目的語をとることができる動詞

bring A B / AにBを持ってくる
give A B / AにBをあげる
lend A B / AにBを貸す
send A B / AにBを送る
show A B / AにBを見せる
teach A B / AにBを教える
tell A B / AにBを話す
pay A B / AにBを支払う
pass A B / AにB渡す

コメント

タイトルとURLをコピーしました