句と節 / 節の種類を例文で確認しよう

節の種類高校レベル英語の解説

「節」とは「主語+動詞」を含み、文中で名詞・形容詞・副詞などの働きをするもののことです。「名詞節 / 形容詞節 / 副詞節」という分類と、「等位節 / 主節 / 従属節」という分類の2つの面から、その用法を例文を使って確認していきましょう。

スポンサーリンク

節とは

ネコ
句と節が分からなくって、苦節 (くせつ) 15年… 前回、「句」をやったので、今回は「節」について教えてください。

ウサギ
「節」とは2語以上の単語が結びついて、文中で名詞・形容詞・副詞などの働きをするものの中で、「主語+動詞」を含むもののことです。

I don’t know what you mean.
私はあなたが何を言いたいのか分かりません。

ネコ
この文では what you mean の部分が know の目的語になっているなぁ。ということは「名詞」の働きをしているんですね。

「名詞節」「形容詞節」「副詞節」

「句」と同じように「節」にも「名詞節」「形容詞節」「副詞節」があります。

名詞節とは

名詞節は名詞と同じように「主語」「補語」「目的語」になります。名詞節を導くものは「接続詞」「疑問詞」「関係詞」があります。

I think that he is a student.
私は彼が学生だと思います。

形容詞節とは

形容詞節を導くものは「関係詞」があります。

This is a book that he bought yesterday.
これは彼が昨日買った本です。

副詞節とは

副詞節は「時・理由・条件」をあらわすことが多いです。副詞節を導くものは「接続詞」「複合関係詞」があります。

If it is rain, I won’t go out.
もし雨が降れば、私は外出しません。

ネコ
形容詞節と副詞節は、文の主要素 (SVOC) にならないんですね。

「等位節」「主節」「従属節」

ウサギ
そうですね。また節には「等位節」「主節」「従属節」という分類の仕方もあります。

まずは「等位節」のパターンから見ていきましょう。

等位節

I went to his house, but he was out.
私は彼の家に行きました。しかし彼は外出していました。

ネコ
等位節というのは、2つの節が対等な関係で結ばれているんですね。だから、「and / or / but」といった等位接続詞が使われるんですね。

ウサギ
はい、そうです。そして「主節」と「従属節」はセットになります。

「主節」と「従属節」

Let’s play tennis when you have time.
時間があるとき、テニスをしましょう。

Let’s play tennis の部分を「主節」、when you have time の部分を「従属節」といいます。

ネコ
when you have time は「副詞」の働きをして Let’s play tennis を修飾しているんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました