be動詞の過去形と疑問文否定文の作り方

be動詞の過去形とは中学レベル英語の解説

「~でした」と過去のことをいうとき、英語でどういうのでしょうか。was と were の2つの過去をあらわす be動詞は、どのように使い分ければよいのでしょうか。was と were の使い分けや、be動詞の過去形の疑問文・否定文の作り方を解説します。

スポンサーリンク

be動詞の過去形

ネコ
過去のことがらを述べるときは、動詞を過去形に変えるんでしたっけ? be 動詞の場合はどうなるんでしたっけ?

ウサギ
be 動詞の場合は次のようになります。

主語現在形過去形
Iamwas
he などiswas
you などarewere

ネコ
be動詞の過去形は、2種類しかないんですね。

are の過去形は were になり、それ以外の過去形は was になります。

ウサギ
具体的にはこうやって過去の文を作ります。

He is in Japan.
彼は日本にいます。

He was in Japan.
彼は日本にいました。

be動詞の過去形の疑問文・否定文の作り方

ネコ
be動詞の過去形の、疑問文・否定文の作り方はどうなりますか。

ウサギ
be動詞の過去形の疑問文・否定文の作り方は、現在形と同じです。

主語の前に be動詞を持っていくと疑問文、be動詞の後ろに not をつけると否定文になります。
He was in Japan.
彼は日本にいました。

Was he in Japan?
彼は日本にいましたか。
He was not in Japan.
彼は日本にいませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました