一般動詞の過去形 / 規則動詞 -edのつけ方

一般動詞の過去形、規則動詞の ed のつけ方中学レベル英語の解説

「~しました」と過去のことをあらわすときは、動詞を過去形にします。一般動詞を過去形にするには、どうすればよいのでしょうか。規則動詞では、どういうところを注意すべきでしょうか。規則動詞の ed のつけ方と、ed の発音についても解説します。

スポンサーリンク

一般動詞の過去形

ネコ
一般動詞の過去形はどうなるのですか?

ウサギ
一般動詞を使う文の過去も、be動詞のときと同じく動詞を過去形に変えます。

I play tennis every day. (現在形)
私は毎日テニスをします。
I played tennis yesterday. (過去形)
私は昨日テニスをしました。

一般動詞には規則動詞と不規則動詞があります。

ネコ
ええーっ、めんどくさいなぁ。

ウサギ
規則動詞は簡単ですよ。まずは規則動詞からみていきましょう。

規則動詞の -ed のつけ方

普通は原形に -ed をつけます。
play → played / want → wanted
e で終わる語のときは ( e がかぶってしまうので ) d だけつける。
live → lived
短母音+子音字で終わるときは、子音字を重ねて -ed をつける。(~ing と同じ)
stop → stopped
子音字+y で終わるときは、y を i に変えて -ed をつける。(三単現の s と同じ)
study → studied / try → tried

ネコ
三単現の s で見たパターンと同じですね。

-ed の発音

ウサギ
最後に -ed の発音も見ておきましょう。パターンは3つあります。

普通は「ドゥ」
played「プレイドゥ」 / listened「リスンドゥ」
t で終わるときは「イドゥ」
wanted「ウォンティドゥ」 /  visited「ビズィティドゥ」
無声音で終わるときは「トゥ」
watched「ウォッチトゥ」  / liked「ライクトゥ」

ネコ
t で終わる語は勝手に「イドゥ」ってなりますね。無声音のやつは、そもそもその部分が無声音だと意識していないことがありそう。注意しないとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました