疑問詞 whoseとは 疑問文の作り方と単独で疑問詞と考えるパターン

疑問詞 whose とは中学レベル英語の解説
この記事は約2分で読めます。

「これはだれの~ですか」や「~はだれのものですか」と持ち主が誰であるかをたずねるとき、英語でどういうのでしょうか。「whose+名詞」のパターンと whose を単独で疑問詞と考えるパターンの二種類の whose を使った疑問文と、その答え方を解説します。

スポンサーリンク

whose の疑問文の作り方

ウサギ
whose は「誰の」「誰のもの」と所有をたずねる疑問詞です。whose の疑問文はこうやって作ります。

「whose+名詞」で1つの疑問詞と考え、その後ろは疑問文の語順になります。
This is Tom’s book.
これはトムの本です

Is this Tom’s book?
これはトムの本ですか

Whose book is this?
これは誰の本ですか。

ネコ
whose book をセットにして考えることが大切ですね。

ウサギ
「whose+名詞」の疑問文の答え方ですが、代名詞を使う場合は「所有格」を使って、こうなります。

It is my book.
それは私の本です

whose を単独の疑問詞と考えるパターン

ウサギ
Whose を単独の疑問詞と考えるパターンもありますよ。

This book is Tom’s.
この本はトムのものです。

Is this book Tom’s?
この本はトムのものですか

Whose is this book?
この本は誰のものですか。

ネコ
whose 1つで「だれのもの」という疑問詞になっているんですね。それに対して主語が「this book / この本」というように、二語で一つの主語になっているのが面白いですね。

ウサギ
Whose を単独の疑問詞と考えるパターンの答え方ですが、代名詞を使う場合は「所有代名詞」を使って、こうなります。

It is mine.
それは私のものです

コメント

タイトルとURLをコピーしました