【解説】2012年センター試験英語第2問C「語句整序」

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

問1

問題次の問いにおいて、下の1~6の語句を並びかえて空所を補い、文を完成させよ。

問1
“Did you install that computer software you bought last year?”
“Yes. And (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) use.”

1. easy / 2. finding / 3. I’m / 4. it / 5. to

【解説】

「去年買ったコンピューターのソフトウェアーをインストールしましたか?」
「はい、使うのが簡単だとわかりました」

2. finding が ing形なので、進行形と予想。be動詞+~ing なら 3. I’m → 2. finding の流れができる。

また find は第5文型を取る動詞として有名ですね。4. it を形式目的語と考えて、2. finding → 4. it → 1. easy の流れができます。

5. to が不定詞ならば後ろには動詞の原形がきます。動詞の原形は(  )の後ろの use しかありませんから、5. to が最後になるとわかります。

以上から
I’m finding it to use. となります。並び替え問題は意味を考えるより、文法的な知識を総動員して小さなかたまりを作り、それを少しずつ大きくしていくことで完成するという感じで、解けばよいですね。

【正解】32415

スポンサーリンク

問2

問題次の問いにおいて、下の1~6の語句を並びかえて空所を補い、文を完成させよ。

問2
The entertainer was happily (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) up in theair.

1. arms / 2. her / 3. raised / 4. singing / 5. with

【解説】

そのエンターテイナーは腕を空中に上げながら幸せそうに歌った。

4. singing が~ing形なので、進行形と予想する。be動詞+~ing なので 4. singing が最初とわかる。

「所有格+名詞」より 2. her → 1. arms の流れ。また 5. with が独立分詞構文の付帯状況をあらわすと考えると、「with+O+分詞」のパターンが思い出されますね。となるとOの部分には her arms が入りますし、分詞の部分には過去分詞の 3. raised を使います。

以上で文の形が決まりますね。これも意味をあれこれ考えなくても、文法知識だけで解けますね。
4. singing → 5. with → 2. her → 1. arms → 3. raised

【正解】45213

問3

問題次の問いにおいて、下の1~6の語句を並びかえて空所を補い、文を完成させよ。
問3
Because he came down with the flu, (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) for a week.

1. forced / 2. he / 3. stay at home / 4. to / 5. was

【解説】

「彼はインフルエンザにかかったので、一週間家にいさせられた」

come down with ~ / (病気)にかかる
force+O+to不定詞 / Oに~するのを押しつける

「to+動詞の原形」より、4. to → 3. stay at home
「be動詞+過去分詞」より、5. was → 1. forced
「主語+動詞」より、2. he → 5. was

以上より he was forced to stay at home となります。

受動態の文ですので、能動態に戻してみます。すると、

・・・ forced him to stay home.
・・・は彼を家にいさせた

となります。その受動態ですから「彼は家にいさせられた」という意味になるのですね。

【正解】25143

コメント

タイトルとURLをコピーしました