【解説】2008年センター試験英語第2問B「会話文」

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

問1

問題次の問の会話(  )に入れるのに最も適当なものを、1~4のうちから1つ選べ。

問1
A: Is everything OK? What’s the matter?
B: I think I deleted that document we were working on.
A: (  )
B: What a relief! But I will need to be a lot more careful from now on.

1. Hold it! Which document are you talking about?
2. Oh no! We’ll have to start all over again.
3. Relax! I made a copy of it earlier today.
4. Too bad! It should have been finished an hour ago.

【解説】

センター試験の会話文問題は
(  ) の前後のテンションの向きを考えると解きやすい。

(  ) の前のBの発言は「作っていたドキュメントを消しちゃった」とテンションは「↓」。
(  )の後ろのBの発言は「助かった!(野球のリリーフを思い浮かべるとよい)」とテンションは「↑」。

もし、relief という英単語の意味がわからなくても、その後の But に続く文が「↓」であるので、その前の語が「↑」と想像できますね。ということは (  ) にはテンションを上にする言葉があるはずである。

1. Hold it!「まって!」
2. Oh no!「あーあ」
3. Relax!「落ち着いて!」
4. Too bad!「最悪だ!」

意味から考えて2.と4.はすぐに消去できますね。

1.は「まって!」の後ろが疑問文であり、それに対して「助かった」というひとり言が続くと変ですね。ということで不正解。

以上のことから正解は3.。

【正解】3

スポンサーリンク

問2

問題次の問の会話(  )に入れるのに最も適当なものを、1~4のうちから1つ選べ。

問2
A: Hello, Kazuko. What can I do for you?
B: I was wondering if we could meet earlier than we planned, maybe on the 27th.
A: (  )
B: But I really need to see you before that.

1. Can I ask you why?
2. Oh, I’ll be away until the 29th.
3. OK. I’ve got time right now.
4. What time are you thinking of?

【解説】

(  ) の後ろの But と that に注目しましょう。

But があるということはこの英文は、その前の A の英文と対比の関係になっているとわかりますね。

代名詞 that が指すものは前文、つまり A の発言の中にあると想像できます。

そこから選択肢の2をみると29thが that の内容であり、「出かけている(ので会えない)」という内容が、but 以下の「会いたい」の対比になっています。

【正解】2

問3

問題次の問の会話(  )に入れるのに最も適当なものを、1~4のうちから1つ選べ。

問3
A: Let’s go to that Italian restaurant I was telling you about.
B: (  )
A: We could, but it might be hard to find parking.
B: In that case, let’s just get a taxi.

1. Excellent! We’re finally going!
2. Fantastic! How are we getting there?
3. Great idea! But our car is in the garage now.
4. Sound great! Shall we take my car?

【解説】

選択肢の最初の英単語はすべてテンションが「↑」なので、テンションから選択肢を絞るのはできなさそうですね。

次に(  )の後ろの文に but があることに注目すると、その後の英文が(  )の内容と対比になっているとわかります。

(  )の後ろが「パーキングを見つけることは難しい」という内容であることから、それに対比の関係である選択肢の4.が正解。

【正解】4

コメント

タイトルとURLをコピーしました