【解説】2008年(平成20年)センター試験英語第1問B「アクセント」

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

問1

問題次の問いにおいて、例にならい、与えられた強勢型を持つ語を、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

例 English (強弱)

問1 (弱弱)
1. adequate / 2. argument / 3. delicious / 4. utilize

【解説】

変な書き方をしていますが、要はアクセントの位置をたずねる問題です。まずアクセントルールについて確認しておきましょう。

1. adequate の文末「ate」に注目。文末が ate の場合は2つ前の音節にアクセントがある。つまり文頭の「a」にアクセントがあるのでこれは違う。

2. argumentは「議論・口論」という意味の英単語。argue という動詞形の方が良く見かけるかなぁ。

3. delicious の文末「ous」に注目。文末が ous の場合は2つ前の母音にアクセントがある。つまり
delicious の[i]にアクセントがある。
「デ・・シャス」なので、これが正解。

4. utilizeは「利用する・役立たせる」の意味の英単語。
「utility / ユーティリティー」という言葉はパソコンを使っていると、「便利なもの」という意味でよく使いますね。サッカーでもいろいろなポジションを任せることができる人を、「ユーティリティプレイヤー」といいます。

しかし、utility は「ユーティリティー」だが、utilize は「ユーティライズ」となります。これら2つの英単語のアクセントの違いには注意が必要です。

【正解】3

スポンサーリンク

問2

問題次の問いにおいて、例にならい、与えられた強勢型を持つ語を、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

例 English (強弱)

問2 (弱弱弱)
1. accurately / 2. community / 3. mathematics / 4. participate

【解説】

2. community の文末[ity]に注目。
文末が ity の場合は1つ前の母音にアクセントがある。つまり community の[u]にアクセントがあるのでこれは違う。

3. mathematics の文末[ics]に注目。
文末が ic(s)の場合は1つ前の母音にアクセントがある。つまり mathematics の[a]にアクセントがあるのでこれは違う。

4. participate の文末[ate]に注目。
文末がate の場合は2つ前の母音にアクセントがある。つまり participate の[i]にアクセントがあるのでこれは違う。

ということで残った 1. accurately が正解だが、このaccurately は accurate に ly が付いて副詞になった形。ではこの文末の ate に注目して考えると、2つ前の母音、つまり文頭の[a]にアクセントがあることがわかる。

結局この第1問Bは、すべてアクセントルールでできてしまう問題でしたね。

【正解】1

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました