完了時制の用法を例文で確認しよう

この記事は約4分で読めます。

ネコ
完了は用法がいろいろあるから、一体何なのかがよく分からないんですよね。

ウサギ
完了時制は大きく分けて「現在完了」「過去完了」「未来完了」があります。それぞれ細かい用法がありますので、例文を使いながら確認していきましょう。

スポンサーリンク

現在完了

現在完了形は「have+過去分詞」の形になります。過去形は単に過去の事実をあらわすのに対して、現在完了形は過去の事実だけでなく、現在の状況まで表します。

現在完了は用法によって以下の4つに分けられます。

完了用法

I have already finished my homework.
私はもう宿題をやり終えました。

ネコ
already / just / yet などの語とともに用いられることが多いですね。。

結果用法

Spring has come.
春が来た。

ネコ
結果用法は完了用法の一部として、完了用法に含めて習うことも多いですね。

経験用法

I have been to Hokkaido twice.
私は2回北海道に行ったことがある。

ネコ
ever / never / once / twice といった語とともに用いられることが多いですね。

継続用法

I have been in Hokkaido for two years.
私は2年間北海道にいました。

ウサギ
現在完了の継続用法は「状態」の継続をあらわします。「動作」の継続をあらわすには「現在完了進行形」を使います。

She has lived in Tokyo for three years.
彼女は3年間東京に住んでいます。(状態の継続)
I have been studying for two hours.
私は2時間勉強しています。(動作の継続)

ネコ
「状態をあらわす動詞は、進行形にできない」って前にやったね。これはそれの逆バージョンみたいなかんじかな。

スポンサーリンク

過去完了

ウサギ
次は過去完了形です。過去完了形は「had+過去分詞」の形になります。

現在完了形が現在の時点への完了や、結果や経験や継続をあらわすのと同じように、過去完了形は過去のある時点までの完了や、結果や経験や継続を表します。

過去のある時点までの動作の完了・結果

過去完了時制では、基準となる過去の一時点をあらわす副詞句や、副詞節を伴うことが多いです。

I had almost finished my work when she came.
彼女が来たとき、私はほとんど仕事を終わらせていた。

過去のある時点までの経験・過去のある時点までの状態の継続

現在完了の継続用法と同じく、「状態」をあらわす動詞を使います。「動作」の継続をあらわすには「過去完了進行形」を使います。

She had lived in Tokyo until she was ten.
彼女は10歳まで東京に住んでいました。(状態の継続)
I had been reading for an hour.
私は1時間本を読んでいました。(動作の継続)

ネコ
ここまでは現在完了の時間を、過去にずらした感じですね。

ウサギ
過去完了には、現在完了にはない「大過去」という用法があります。

大過去

過去の起こった2つの出来事の、前後関係をはっきりさせるために使います。前に起こった方を「過去完了形」であらわします。その英文が実際に起こった順番と逆の順番になるときに用います。出来事が起こった順序とおりに言う場合は、普通に過去形を並べてあらわします。

I found the pen which I had lost the day before.
私は先日なくしたペンを見つけた。

ネコ
現在完了形での用法にプラスして、「大過去」という用法があるんだね。過去の過去が大過去ということですね。

未来完了

ウサギ
最後に未来完了形です。

未来完了形は「will+have+過去分詞」の形になります。未来完了形は未来のある時点をあらわす副詞句か副詞節を伴って、その時点までの完了や結果や経験や継続をあらわします。

未来までの完了・結果

by ~ (~までには) が未来完了ではよく使われます。

She will have finished her job by evening.
夕方までには、彼女は仕事を終えているでしょう。

未来のある時点までの経験

未来のある時点で経験しているであろうことを、あらわすときに使います。

I will have been in New York for two years next month.
私は来月で2年ニューヨークにいたことになります。

未来のある時点までの状態の継続

未来のある時点までの、「動作」の継続をあらわすには、「未来完了進行形」を使います。

She will have lived in Tokyo for three years by next month.
彼女は来月で東京に3年住んだことになる。(状態の継続)
It will have been raining for a week by tomorrow.
明日で1週間雨が降り続いたことになる。〈動作の継続〉

ネコ
ここまでは現在完了の時間を、未来にずらした感じですね。

ウサギ
未来完了で特に注意するのは次のこと。

時・条件をあらわす副詞節の中では、未来完了の意味でも現在完了を使う。
Please wait until I have finished my homework.
宿題が終わるまで待ってください。

ネコ
「時・条件~」のやつは、現在形のところでも出てきたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました