語句補充問題のテクニック・対比逆接に注目しよう

この記事は約3分で読めます。

次の文章の ( ) に入れるのに最も適当な語句を、下の1~4のうちから1つ選べ。

Most Japanese houses still have traditional mats in at least one of the rooms. At first, tatami mats could be folded like a carpet when they were not in use. From the 14th century on, (  ), tatami mats have had an approximately six-centimeter thick straw base with a fine soft covering. This thicker type of mat spread throughout Japan in various sizes.・・・・・・・・・・・・・・・・・.

1. however / 2. thus / 3/ in short / 4. for this reason

サル
ああー、苦手~。

ウサギ
語句補充問題の選択肢はたいてい、接続詞もしくは接続副詞です。

それらを分類すると「対比 / 逆接 / 並列 / 例示 / 一般化 / 結論」に分かれます・・・・・・が

サル
? ? ?

ウサギ
こんな説明わかりづらいですよねぇ。ならこれだけは覚えておこう。

譲歩・対比の接続詞・副詞
but / however / though / even if / while / whereas / nevertheless / yet / in(by) contrast / on the contrary / as a matter of fact / instead / still / on the other hand

つまり (   ) の前後の英文に注目して、逆のことを言っているなら対比の接続詞が入ります。そうでなければ、それ以外が入るのですよ。

サル
当たり前といえば当たり前ですね。

ウサギ
これが実は大きなポイントなのです。なぜならこの語句補充という形式の問題の選択肢にはかなりの確率で、対比の接続詞が1つは入っているからです。

サル
ということは・・・

ウサギ
つまり

(   ) の前後の英文を見て、逆のことを言っていれば対比の接続詞を選び、そうでなければ対比の接続詞を消して、それ以外から考えればいい

サル
おおー、消去法というやつですね。

ちなみにこの問題では、( ) の前は「最初、畳はカーペットみたいにたためる」で、( )
の後は「14世紀からは、畳は6センチの芯がある (つまりたためない)」。だから対比のやつを選べばいいね。

ウサギ
選択肢 1. however が正解ですね。

スポンサーリンク
高校レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました