複数形のときに -es がつく単語の見分け方「社長のソックス」

複数形のとき es がつく単語の見分け方中学レベル英語の解説

複数形にするとき、名詞の後ろに s が付きますが、-es がつく単語もあります。複数形のときに -es がつく単語は、どのようにして見分ければいいのでしょうか。

複数形にするとき es がつく単語を、簡単に見分けられる「社長のソックス」という覚え方について解説します。

スポンサーリンク

s をつけて複数形にする

問題「五匹の犬」を英語で言いましょう。

ネコ
名詞の複数形は名詞のうしろに s をつければいいんですよね。

five dogs

ウサギ
そのとおり。では次の問題です。

s で終わる単語はには es をつける

問題「4つのグラス」を英語で言いましょう。

ネコ
こうかなぁ。

four glasss

…… うーん …… s が3つも続いて、何か変だな。

ウサギ
「グラスス」なんて言いにくいでしょ。これは「グラシィズ」で、つづりはこうなります。

four glasses

x で終わる単語には es をつける

問題「七つの箱」を英語で言いましょう。

ネコ
こうかなあ。

seven boxs

……「ボックスズ」。これはこれでいいような

ウサギ
「ボックシィズ」の方が言いやすくない? つづりはこうなります。

seven boxes

sh で終わる単語には es をつける

問題「六枚の皿」を英語で言いましょう。

ネコ
こうかなぁ。

six dishs

……「ディッシュズ」。こんどこそ大丈夫ですよね。

ウサギ
これは「ディッシィズ」となります。つづりはこうなります。

six dishes

社長のソックス

ネコ
混乱してきました。複数形は普通は s をつけるだけなんですよね。どういうときに es をつけることになるのですか?

ウサギ
名詞の語尾が 「 sh / ch / s / o / x 」 のときは、複数形になると「es」がつきます。こう覚えたらいいよ。

複数形になるときに、es がつく単語の見分け方

shch (社長) の sox (ソックス) は es (いいっす) と覚えよう。
dishes (皿) / peaches (桃) / buses (バス) / potatoes (ポテト) / boxes (箱)

ネコ
まぁ、何もないよりは覚えやすいかな。

ウサギ
慣れてくれば、こんなことを考えなくても、勝手に es がつけられるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました