what を使った感嘆文の作り方

what を使った感嘆文中学レベル英語の解説

「なんて~な…だろう」と驚きをあらわすとき、英語でどういうのでしょうか。what を使った感嘆文の作り方と手順は、どうすればよいのでしょうか。今回は what を使った感嘆文の作り方と、省略があるときの感嘆文のあらわし方について解説します。

スポンサーリンク

what を使った感嘆文

ウサギ
驚き・感動をあらわす文を「感嘆文」といいます。

ネコ
どうやって作るんでしたっけ?

ウサギ
こうやって作ります。

what の感嘆文の作り方

very が what に変わり、その後に強調される部分が来る。その強調される部分が、名詞を含んでいる場合に what を使う。文末に「主語+動詞!」をつける。
This is a very beautiful flower.
これはとても美しい花です。

What a beautiful flower this is!
これはなんて美しい花だろう。

ネコ
名詞を含んでいるから what を使うんですね。

ウサギ
「主語+動詞」の部分を省略していうことも多いです。

What a surprise!
何て驚くべきことだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました