【解説】2007年センター試験英語第1問A「発音」

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

問1

問題次の問において、下線部の発音が、ほかの3つの場合と異なるものを、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

1. assure / 2. classic / 3. efficient / 4. social

【解説】

1.は「アシュアー」で『保証する』という意味。

2.は「クラシック」・・・なんて言っていると罠にはまる。
これは「クラスィック」です。sister も「シスター」ではなく「スィスター」ですね。

3.は「イフィシェント」で『効率のよい・有能な』という形容詞ですね。

4.は「ソシアル」

「シ」と発音するか? 「ス」と発音するか? という問題ですね。

【正解】2

スポンサーリンク

問2

問題次の問において、下線部の発音がほかの3つの場合と異なるものを、それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

1. abroad / 2. approach / 3. coast / 4. throat

【解説】

下線部はすべて oa というつづりになっています。基本的に oa は「オゥ」と発音されます。

1.は「アブロード」。
早速出てきましたが、これが oa を「オゥ」ではなく「オー」と発音する例外の英単語。「ブロードキャスト」の
broad もこれの仲間です。

2.は「アプロゥチ」。
これを「アプローチ」としちゃうとダメなんですね。

3.は「コゥスト」。
オーストラリアの旅行ガイドブックなんかには「ゴールドコースト」なんて書いてあるけど、それに慣らされているとここでミスしちゃいますね。

4.は「スロゥト」で『喉』の意味。

まずは、oa は「オゥ」であるというのは基本としておさえておきましょう。ただ、発音は例外の方が試験によく狙われます。

【正解】1

問3

問題次の問において、下線部の発音がほかの3つの場合と異なるものを、
それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

1. ghost / 2. graphic / 3. phrase / 4. tough

【解説】

1. は「ゴースト」。お化けとか幽霊ですね。

2. は「グラフィック」。グラフィックデザイナーとか、格好いい響きですね。

3. は「フレイズ」。キャッチフレーズのそれですね。
最近のお笑い芸人に対するキャッチフレーズ、少々うざったくないですか?

4. は「タフ」。
あいつはタフなやつだなぁ、なんて言い方、今はあんまりしないですよね。

「グ」か「フ」かの違いですね。ph で「フ」と発音するのはなんかわかる気がしないでもないですが、gh
で「フ」と発音するのは少し違和感がありますね。でも実際そうなんだから仕方がないです(;´Д`)

【正解】1

コメント

タイトルとURLをコピーしました