定冠詞 the がつくかどうかの見分け方

定冠詞がつくかつかないかの見分け方高校レベル英語の解説
問題(  ) 内に適する語を入れなさい。
I admire him for (  ) he displayed.
1. the honesty / 2. honesty / 3. honest / 4. being honest

ウサギ
「彼の見せた正直さに私は彼に感心するなぁ」って感じですね。では、(  ) に何が入るでしょう? ではサル君。

サル
はい、えっと… (  ) には「正直」という言葉が入るんですね。あれ?「honesty」と「honest」のどっちが「正直」って意味でしたっけ?

ウサギ
honesty は「正直さ」という名詞、honest は「正直な」という形容詞、ついでに honestly は「正直に」という副詞です。でも、この問題はそんなこと関係ないですよ。

サル
え? どういうこと?

ウサギ
つまりこういうことです。

名詞の後ろが「関係詞」「S+V」「分詞」「of ~」などのときは、その名詞に定冠詞の the がつくことが多い

サル
ということは、どれが名詞なのかとか考えなくても、the がついているやつを選べばいいのかぁ。正解は「1」の the honesty ですね。

I admire him for the honest he displayed.
私は彼が示した正直さを称賛します。

ウサギ
はい、正解です。ですが、次の例文では定冠詞の the じゃなく、不定冠詞の a を使いますよ。

Michael Jackson is a singer who is popular all over the world.
マイケルジャクソンは世界中で人気にある歌手です。

世界中で人気のある歌手は、マイケルジャクソンだけじゃないからね。

サル
「特定」なものなのか、そうでないのかで使い分けるんですね。ていうか、そう考えるとややこしくなるんで、今の話は「聞かざる」だな…

コメント

タイトルとURLをコピーしました