子音字を重ねて~ing形を作るやり方

この記事は約2分で読めます。
【動詞の ing形のつくり方】
・原形の語尾が「短母音+子音字」で終わる語は、その子音字を重ねて ing をつける
get → getting , sit → sitting , run → running , swim → swimming

ネコ
タンボイン? 田んぼ in ……「田んぼの中」ってことですか? シインジ? 真司って人のことですか?

ウサギ
いや、そうじゃなくって……うーん……なんと説明すればよいものか……母音というものには「長母音」や「二重母音」というものもあって、「アー」とか「イー」が長母音で「アイ」とか「オウ」とかが二重母音と呼ばれていて、それ以外の母音が……

ネコ
???

ウサギ
まぁ、そうなっちゃうよね。あんまり細かいことにとらわれないで、こう考えてみてもいいかもしれないね。

「ゲット」「シット」のように、小さい「ッ」があるやつは、最後の文字を重ねて ing をつける。

ネコ
ふーん、なるほどね~……でも、run 「ラン」には小さい「ッ」はないけど、running って重なるよね。これはどうしてそうなるのですか?

ウサギ
むむぅ……それはですね……日本語でも「ランニング」っていうでしょ。「ン / n」と「ニ / ni」で分かれるね。だから running ってなると覚えるのがいいんじゃないかな?

逆に listen の場合は「リスンニング」ではなく「リスニング」ってなるよね。「ン」と「ニ」で分かれていないので、listening というように n が重ならないというわけですね。

ネコ
ふーん、なるほどね~……でも、swimming 「スイミング」は、「ム」と「ミ」で分かれていないけど m は重なっているよね。これはどうしてそうなるのですか?

ウサギ
むむぅ……それはですね……それだけ丸暗記というわけにはいかない? それともやっぱり「短母音」の説明をした方がいいかなぁ?

running と swimming は、子音字を重ねるものとして覚えよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました