現在進行形の作り方と~ing形の作り方

現在進行形の作り方中学レベル英文法・長文の解説
この記事は約2分で読めます。

進行形にするときは、動詞を 「 be動詞+~ing 」の形に変えます。動詞に ~ing をつけるときに注意するべき点は、どういうものがあるのでしょうか。「~ing形」の作り方について、特に間違えやすい「短母音+子音字」を含めて解説します。

スポンサーリンク

現在進行形の作り方

ネコ
現在進行形の作り方はどうするのですか?

ウサギ
現在進行形はこうやって作ります。

進行形にするときは、動詞を 「 be動詞+~ing 」の形に変えます。
She writes a letter.
彼女は手紙を書きます

She is writing a letter.
彼女は手紙を書いています。

「 write 」→「 is writing」に変えます

ネコ
write に ing をつけるのだから writeing と違うのですか?

ウサギ
実は、語末が e のときは e をとって ing をつけるんです。「~ing形」を作るには、次の3つのパターンがあるよ。

~ing形の作り方

普通に ing をつける。
study → studying / cook → cooking
語末が e のときは e をとって ing をつける。
write → writing / make → making
「短母音+子音字」で終わる語は、その子音字を重ねて ing をつける。
run → running / swim → swimming / get → getting

ネコ
最後が少し分からないよ~。短母音って何なのですか?

ウサギ
短母音というのは「ア」「イ」……とか言うものです。それに対して長母音というのは「アー」「イー」……とかいうものです。

というか、「短母音+子音字」なんて考えていたら、大変なので、とりあえず小さい「ッ」があるものは子音字は重なると思っておきましょう。

その他は上の例にある「running / ランニング」と「swimming / スイミング」の2つを、別で覚えておくといいんじゃないでしょうか。

ネコ
「ランニング」はローマ字通りに考えるといいですが、「スイミング」はローマ字で考えると m を重ね忘れてしまいそうですね。注意しないといけないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました