【解説】2018年センター試験英語第4問B「図表読解」

2018年度センター試験英語解説共通テスト・センター英語解説
スポンサーリンク

問1

問題次のページの料理教室に関する広告を読み,次の問いの (  ) に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の1~4のうちから一つずつ選べ

問1
What inspired Ralph Bearison to start Papa Bear Cooking School?

1. He knew his family and friends were jealous of his cooking skills.
2. He knew that fathers were not interested enough in cooking.
3. He wanted to give fathers opportunities to become professional cooks.
4. He wanted to teach fathers to cook quick, delicious, and healthy meals.

【解説】

What inspired Ralph Bearison to start Papa Bear Cooking School?
「 Ralph Bearison が Papa Bear クッキングスクールを始めたきっかけは何ですか」

1. He knew his family and friends were jealous of his cooking skills.
「彼は彼の家族や友人が彼の料理のスキルに嫉妬していることを知っていました」

「嫉妬」に関しては、本文にこうあります。

you can learn to create a variety of meals under the guidance of professional cooks, making you the envy of your family and friends.
「プロの料理人の指導の下でさまざまな食事の作り方を学ぶことができ、それは家族や友人たちを羨ましがらせます」

この , making のパターンは第三問A問3にも見られました。, の前の文全体を主語として、関係詞の継続用法みたいな感じで考えると、意味がとりやすいかと思います。

Ralph Bearison の料理の腕に嫉妬しているのではなく、プロの料理人に習えるので、クッキングスクールに入るとみんなにうらやましがられるよ、という宣伝文句ですね。この選択肢は違います。

2. He knew that fathers were not interested enough in cooking.
「彼は父親が料理に十分興味がないことを知っていました」

本文にこうあります。

He recognized that many fathers liked to cook but often didn’t have enough time to prepare meals.
「彼は多くの父親が料理をするのが好きだったが、しばしば食事を準備するのに十分な時間がないことを認識しました」

逆の内容になっています。この選択肢は違います。

3. He wanted to give fathers opportunities to become professional cooks.
「彼は父親にプロの料理人になる機会を与えたかった」

選択肢 1. で「プロの料理人」が出てきましたが、その人に教わるということしか書かれてありませんね。この選択肢は違います。

4. He wanted to teach fathers to cook quick, delicious, and healthy meals.
「彼は父親に素早く、美味しくて健康的な食事を作るように教えたかった」

本文にこうあります。

He hoped to share his interest in cooking meals in a short time that would taste good and be good for their families.
「彼は短期間で食事を作り、家族にとって美味しくて良いものにするという彼の興味を共有したいと思っていました」

選択肢の「quick / delicious / healthy」が、本文の「in a short time / taste good / be good」に対応しています。この選択肢が正解です。

【正解】4

問2

問題次のページの料理教室に関する広告を読み,次の問いの (  ) に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の1~4のうちから一つずつ選べ

問2
Tony is going to participate in the French Course and use the discount coupon provided. He will also buy an apron-and-towel set from the school. How much will he pay in total?

1. $270
2. $275
3. $285
4. $300

【解説】

Tony is going to participate in the French Course and use the discount coupon provided. He will also buy an apron-and-towel set from the school. How much will he pay in total?
「トニーはフレンチコースに参加し、提供された割引クーポンを使用します。 彼はまた、学校からエプロンとタオルのセットを購入します。 彼は合計でいくら支払うでしょうか」

表を見ればよいですね。

まずフレンチコースは $250 です。クーポン利用で 10% 割引ですから、$250-$25=$225 です。

エプロンとタオルセットに関しては、What to Bring のところに書いてあります。

An apron and towels (You can rent an apron-and-towel set for $6 per week or purchase a new set at our store for $50.)
「エプロンとタオル (エプロンとタオルのセットを週6ドルでレンタルするか、新しいセットを当店で50ドルで購入できます)」

ということで、$225+$50=$275 となります。

もしかするとコース料金とエプロンタオルセットを合計して $300 となり、それの 10% 割引と考えて、$270 とした人がいたかもしれません。

クーポンには「10% OFF Course Fee」とありますので、割引はコース料金にしかかからないことに注意ですね。

【正解】2

問3

問題次のページの料理教室に関する広告を読み,次の問いの (  ) に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の1~4のうちから一つずつ選べ

問3
Ed hopes to expand the variety of food he can cook for his family. He has no free time on weekends or mornings. Which cooking course would he most likely take?

1. Chinese
2. Italian
3. Japanese
4. Sunday Family Breakfast

【解説】

Ed hopes to expand the variety of food he can cook for his family. He has no free time on weekends or mornings. Which cooking course would he most likely take?
「エドは家族のために調理できる食品の種類を増やしたいと考えています。彼には週末や朝の自由な時間はありません。彼はどの料理コースをとりそうですか」

この問題も表を見て考えましょう。

まず weekends は no free time ということです。そもそも weekends っていつなのでしょう。日本語では「週末」と訳されていますが、end は「終わり」ではなく「端」の意味になります。

カレンダーを見みましょう。 week の両端は何になっていますか。「日曜と土曜日」ですね。これが weekends です。

土日がダメなので、Chinese と Sunday Family Breakfast は消すことができます。

朝もダメだと言っていますね。すると Italian と French もダメです。ということで残った Japanese に行くことになりそうですね。

【正解】3

問4

問題次のページの料理教室に関する広告を読み,次の問いの (  ) に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の1~4のうちから一つずつ選べ

問4
The advertisement suggests that (  ).

1. 12-year-old children can participate in the Sunday course at no cost
2. Cooking Courses for Fathers will last longer than three months
3. Papa Bear Cooking School requires students to bring ingredients to classes
4. students at Papa Bear Cooking School can eat the food they cook

【解説】

The advertisement suggests that (  ).
「広告は (  ) を示唆している」

1. 12-year-old children can participate in the Sunday course at no cost
「12歳の子供は日曜日のコースに無料で参加できます」

表の下にこうあります。

Children aged 10 to 15 are welcome to join their fathers in the Sunday Family Breakfast Course for $100 per child.
「10歳から15歳までのお子様は、お子様1人あたり100ドルで Sunday Family Breakfastコースに参加できます」

有料ですね。ということで、この選択肢は違います。

2. Cooking Courses for Fathers will last longer than three months
「父親のための料理コースは3か月以上続きます」

こう書かれてあります。

All courses are 10 weeks long.
「すべてのコースは10週間です」

10週間ということは、2か月半ですね。3か月以上も続きませんので、この選択肢は違います。

3. Papa Bear Cooking School requires students to bring ingredients to classes
「Papa Bear クッキングスクールでは、生徒が食材をクラスに持ち込む必要があります」

ingredients に関しては、こうあります。

Fees include all ingredients.
「料金にはすべての材料が含まれています」

ということは、持っていく必要はありません。この選択肢は違います。

4. students at Papa Bear Cooking School can eat the food they cook
「Papa Bear クッキングスクールの生徒は自分で作った料理を食べることができます」

料理を食べられるということは直接書かれてありません。しかし広告にこうあります。

Cooking knives, silverware, such as forks and spoons, and plates will be provided by the school.
「クッキングナイフ、フォーク、スプーンなどの銀食器、および皿は学校から提供されます」

また What to Bring に、こうも書いてあります。

An empty stomach!
「空っぽの胃」

つまりお腹を空かしてきてください、ということですね。ということは、作った料理を食べられるということですね。この選択肢が正解です。

【正解】4

コメント

タイトルとURLをコピーしました