【解説】2007年センター試験英語第1問C「強調の意図」

2007年度センター試験英語解説共通テスト・センター英語解説
スポンサーリンク

問1

問題次の問いにおいて、話者が下線部で示した語を特に強調して発音した場合、話者が伝えようとした意図はどれが最も適当か。下の1~4のうちから1つ選べ。

問1 Can you come to dinner on Friday at eight?

1. I know your friend can’t come, but can you?
2. If lunch is inconvenient, what about dinner?
3. If you can’t come on that day, how about Friday?
4. You work until seven? How about an hour later?

【解説】

選択肢の赤字部分に注目して、それが問題文の下線部と対応しているものが正解になります。

1. you は問題文の you に対応していますね・・・というかそのままですね。まさに下線部と対応していますので、これが正解になります。

2. dinner は問題文の dinner に対応していますね・・・というかこれもそのまま。対応しているのが下線部ではないので、不正解です。

3. Friday は問題文の Friday に対応していますね・・・というかこれもそのまま。これも対応しているのが下線部ではないので不正解になります。

4. an hour later は問題文の eight に対応していますね。これも対応しているのが下線部ではないので不正解です。

【正解】1

問2

問題次の問いにおいて、話者が下線部で示した語を特に強調して発音した場合、話者が伝えようとした意図はどれが最も適当か。下の1~4のうちから1つ選べ。

問2
What do you think about my summer plans?

1. I already know what your friends think.
2. I didn’t understand what you just said.
3. I know what you think about my winter plans.
4. Your plans are good. How about mine?

【解説】

選択肢の赤字部分に注目して、それが問題文の下線部と対応しているものが正解になる。

1. what は関係代名詞。問題文下線部の What は疑問詞なので別物。対応していないので不正解。

2. what 以下は間接疑問文。当然この what は疑問詞。問題文の下線部である
What に対応しているのでこれが正解。

3. winter plans は問題文の summer plans に対応しており、問題文の下線部と対応していないので、不正解。

4. mine は問題文の my summer plans に対応しており、問題文の下線部と対応していないので不正解。

【正解】2

問3

問題次の問いにおいて、話者が下線部で示した語を特に強調して発音した場合、話者が伝えようとした意図はどれが最も適当か。それぞれ下の1~4のうちから1つずつ選べ。

問3
Tom telephoned me very late last night.

1. I was annoyed.
2. It was definitely Tom.
3. Tom didn’t telephone anyone else.
4. Tom usually emails.

【解説】

選択肢の赤字部分に注目して、それが問題文の下線部と対応しているものが正解になる。

1. は特に何が対応しているというのがないので保留にしておきましょう。

2. Tom は当然問題文の Tom に対応している。下線部に対応していないので不正解。

3. anyone else は問題文の me に対応している。問題文の下線部に対応していないので不正解。

4. email は問題文の telephoned に対応している。問題文の下線部に対応していないので不正解。

2. 3. 4. が違うということから、消去法より正解は 1. とわかる。

【正解】1

コメント

タイトルとURLをコピーしました