会話文問題のテクニック・( ) の前後関係に注目しよう

難しい問題の説明を聞いて理解した女子高校生高校レベル英語の解説

会話文の空所補充問題で、苦労したことはありませんか。(  )の前後関係から判断するのが基本です。ですが、実は会話文問題には、(  )に必ず聞き返す言葉が入るパターンが存在します。今回はどういうときに(  )に聞き返す言葉が入るのかを紹介します。

スポンサーリンク

(  )の前後関係に注意しよう

問題次の問の会話の空所に入れるのに最も適当なものは?
A: Would you mind lending me your car tonight?
B: (   )
A: Please lent me your car tonight.

ウサギ
これは会話文の問題です。さぁ(   ) には何が入るのでしょうか?

サル
うーん・・・

ウサギ
会話文問題のポイントは、「(   ) の前後に注目する」ことと、「登場人物になりきって考える」ことなのですが、英文の意味が分からなければ、そんなこと言われてもどうもしようがないよねぇ。そこでこの問題を再チェック!

おおーっ、ラッキー!

サル
何がラッキーなのですか?

ウサギ
この問題は英文の意味が分からなくても、解くことができるよ。

サル
英文の意味が分からないと、解けるわけないじゃないですか? どういうことですか?

ウサギ
よーく見てね。1行目と3行目のAさんが言っている言葉 (英単語) が、ほとんど一緒ですよね。

サル
うんうん。

ウサギ
そこでテクニック

会話文問題で、(   ) の前後の言葉がかぶっていたら、(   ) には聞き返す言葉が入る。

聞き返す表現

ウサギ
では聞き返す表現を見ていきましょう。

Pardon? / I’m sorry, I didn’t hear you. / Please tell me again. / Please
say that again. / Would you mind saying that again? / Could you explain
that, please? / Could you slow down a bit? / I couldn’t catch what you
said. / Sorry, but I missed that.

って感じですね。

サル
へえー、聞き返す表現ってたくさんあるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました