最上級の内容を「原級」「比較級」で表す方法

この記事は約2分で読めます。

ウサギ
「最上級」の内容を「原級」や「比較級」で表す問題が、テストでよく出てきます。いろんなパターンを見ていきましょう。

スポンサーリンク

原級で最上級の内容をあらわす

No (other) B ~ as (so)+原級+as A / A ほど~な B はない

No other boy in his class is as bright as he.
彼ほど頭の良い少年は、彼のクラスにはいない。

Nothing ~ as (so)+原級+as A / Aほど~なものはほかにない

Nothing is as important as peace.
平和ほど大切なものは他にはない。

as+原級+as any other+単数名詞 / どの~にも劣らず

She studies English as hard as any other student.
彼女はどの生徒にも劣らず一生懸命に英語を勉強します。

as+原級+a+名詞+as ever ~ / これまで~した…にも劣らず

He is as diligent a man as ever lived.
彼は今までにないほど勤勉です。

ネコ
「any other+単数名詞」のところを、名詞の複数形にしてしまいがちですね。気を付けないとね。

スポンサーリンク

比較級で最上級の内容をあらわす

No (other) B ~ 比較級+than A / Aより~なBはない

No other river in Japan is longer than the Shinano.
日本では、信濃川ほど長い川はほかにない。

A~ 比較級+than any other B / A は他のどの B より~だ

B は「名詞の単数形」になります。複数形にしないよう気をつけましょう。

He can play tennis better than any other boy in his class.
彼はクラスの他のどの少年よりも、上手にテニスをすることができます。

Nothing ~ 比較級+than A / A より~なものはほかにない

Nothing is more important than health.
健康よりも大切なものは他にない。

A ~ 比較級+than anything else / A は他のどんなものより~だ

She likes reading better than anything else.
彼女は他のどんなものより読書が好きです。

ネコ
no や any が、大活躍でしたね。「~と同じものはは何もない」や「~以上のものは何もない」となれば、「~」の部分が一番上ってことになるってことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました