【解説】2017年センター試験英語第3問A「会話文」

2017年度センター試験英語解説共通テスト・センター英語解説
スポンサーリンク

問1

問題次の問いの会話の(   )に入れるのに最も適当なものを、下の1~4のうちから1つ選べ。

問1

Student: Do you have time later today to check the draft of my speech?

Teacher: No, I’m afraid I don’t have time today. I have several appointments this afternoon.

Student: I see. Well…. (  )

Teacher: Yes. And please send it to me by email so I can read it before you come.

1. Are you sure you can skip the appointments?
2. Could I come to your office after school tomorrow?
3. Shall I make an appointment with you for today?
4. Would you kindly give me the draft to look at?

【解説】

Student: 今日は私のスピーチの下書きを確認する時間がありますか。

Teacher: いいえ、今日は時間がありません。今日の午後、いくつかの予定があります。

Student: わかりました。えっと…. (  )

Teacher: はい。そして、あなたが来る前に私がそれを読むことができるように、それを電子メールで私に送ってください。

1. Are you sure you can skip the appointments?
「本当に約束を飛ばせるのですか」

Are you sure ~ で「本当に~なのですか」と確認したり、念を押したりする表現になります。

予定があるから無理だと言っているのに、この発言だと神経を疑われますね。この選択肢は違います。

2. Could I come to your office after school tomorrow?
「明日の午後にあなたの事務所に行ってもよろしいでしょうか」

Could I ~ で「~してもよろしいでしょうか」と許可をお願いする表現になります。

今日は無理だったら、明日はどうですかという話です。まっとうな会話ですね。この選択肢が正解です。

3. Shall I make an appointment with you for today?
「今日、あなたに会う約束をしましょうか」

Shall I ~ で「~しましょうか」と提案する表現になります。

今日が忙しいのだから、今日のアポは無理ですよね。しかも「~しましょうか」という謎の上から目線。この選択肢は違います。

4. Would you kindly give me the draft to look at?
「どうか見るための下書きを私にいただけませんか」

Would you ~ で「~していただけませんか」となります。kindly は「どうか」と強めています。

スピーチの下書きを見てもらいたかったのに、無理だとわかったら、じゃぁ「下書きをください」となるのは、少しおかしい人ですね。

また先生の「電子メールでそれ送ってください」の「それ」は「下書き」を指していますので、その下書きを先生が作ったら話がおかしくなります。ということで、この選択肢は違います。

【正解】2

問2

問題次の問いの会話の(   )に入れるのに最も適当なものを、下の1~4のうちから1つ選べ。

問2

Ken: How about going to Memorial Park this weekend?

Ethan: How far is it from here?

Ken: Well, it takes about two hours by express train.

Ethan: Oh, that’s a bit far. How much is it to get there?

Ken: About 6,000 yen. But I’ve heard it’s really beautiful.

Ethan: I know, but (  ). Let’s find somewhere else to go.

1. I don’t feel like going out
2. it helps us to get there
3. that’s much too expensive
4. we can’t miss this chance

【解説】

Ken: 今週末、メモリアルパークに行ってみませんか

Ethan: ここからどれくらい離れていますか

Ken: ええと、特急電車で2時間ほどです

Ethan: ああ、少し遠いです。そこまでいくといくらですか

Ken: 約6,000円。しかし、それは本当に美しいと聞いたことがあります

Ethan: わかっていますが (  )。どこかに行きましょう

話の流れから Ken は「行きたい」、Ethan は「乗り気ではない」ことが分かります。

(  ) の前の Ken の発言にこうあります。

I’ve heard it’s really beautiful.
「それは本当に美しいと聞いたことがあります」

これはプラスイメージの発言です。

それに対して、Ethan の発言にある (  ) の前には but があります。but は逆接の接続詞です。つまり「プラスイメージ」の反対ですから、「マイナスイメージ」の内容が (  ) に入ると考えられます。

それを踏まえて、選択肢を確認してみましょう。

1. I don’t feel like going out
「外に出る気がしない」

feel like ~ing で「~したい気がする」

話の流れからこれが正解のような気もします。しかし、(  ) の次の発言に注目しましょう。

Let’s find somewhere else to go.
「別の場所を探しましょう」

ということは、外に出る気はあるのですね。ということで、この選択肢は違います。

2. it helps us to get there
「そこに行くのに役立ちます」

help O to ~ で「O が~するのを助ける」

話の流れとかみ合いませんし、プラスイメージの発言ですので、この選択肢は違います。

3. that’s much too expensive
「それは高すぎる」

話の流れとして、この選択肢が正解です。

4. we can’t miss this chance
「このチャンスを逃すことはできません」

プラスイメージの発言ですので、この選択肢は違います。

【正解】3

コメント

タイトルとURLをコピーしました