ヘボン式ローマ字の練習問題プリント

ヘボン式ローマ字の練習プリント練習問題プリント

ヘボン式のローマ字練習問題プリントです。ヘボン式ローマ字は実際の英語の発音に近いので、これをしっかりできるようにしておくと、英単語が覚えやすくなります。

ヘボン式と訓令式で違う表記になるものなど、特に注意して覚えるべきものを中心に練習できるように、問題をプリントで作りました。

スポンサーリンク

ヘボン式ローマ字表

ヘボン式のローマ字表です。「見本」「なぞって練習する用」「完全に空欄のもの」を用意しました。必要に応じて印刷して使用してください。

ローマ字表プリント→

ヘボン式と訓令式で、違う表記になるもの

「し / shi」
練習問題プリント→
解答→

「ち / chi」
練習問題プリント→
解答→

「つ / tsu」
練習問題プリント→
解答→

「ふ / fu」
練習問題プリント→
解答→

「じ / ji」
練習プリント→
解答→

しゃ / sha」
練習問題プリント→
解答→

「しゅ / shu」
練習問題プリント→
解答→

「しょ / sho」
練習問題プリント→
解答→

「ちゃ / cha」
練習プリント→
解答→

「ちょ / cho」
練習問題プリント→
解答→

「じゃ・じゅ・じょ /
ja・ju・jo」
練習問題プリント→
解答→

その他注意すべき、ヘボン式ローマ字の表し方

「ん」を n と m のどちらで表わしますか

後ろが「マ行 / バ行 / パ行」の音が続くときの「ん」は m になります。
練習問題プリント→
解答→

「っ」と詰まる音の表し方

基本は続く語の一文字目を重ねて表します。続く語が「cha / chi / chu / cho」の時は t で「っ」を表します。
練習問題プリント→
解答→

いろいろなパターンを混ぜ合わせた総合練習プリント

練習プリント→
解答→

ヘボン式ローマ字の「ん」「っ」の表し方
ヘボン式ローマ字には、注意すべきポイントがいくつかあります。今回はヘボン式ローマ字の中で、よく間違えるポイントである「ん」と「っ」の表し方について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました