関係代名詞 whose と関係形容詞 which の見分け方

関係代名詞 whose 関係形容詞 which の見分け方高校レベル英語の解説
スポンサーリンク

関係代名詞 whose

問題(   ) 内に適する語を入れなさい。
問1 You spoke in English, (  ) grammar I didn’t understand.
1. which / 2. that / 3. whose

サル
(  ) の前にコンマがあるから、「1」の which になるのかな。

You spoke in English, which grammar I didn’t understand.

ウサギ
違います。確かに前回「(  )の前にコンマがあったら、which の可能性が高い」って言いました。でもそれは、which になるパターンが1つ多いので、その分可能性が高いというだけです。(  ) の前にコンマがあるからといって、絶対 which になるとは限りません。

サル
ああそうですね。すると問1は (  ) の後ろが「冠詞のない名詞」だから、「3」の whose が正解かなぁ。

You spoke in English, whose grammar I didn’t understand.
あなたは英語を話したけど、その文法を私は理解していませんでした。

ウサギ
はい、それで正解です。

関係形容詞 which

問題(   ) 内に適する語を入れなさい。
問2 You spoke in English, (  ) language I didn’t understand.
1. which / 2. that / 3. whose

サル
さっきと問題が同じじゃないですか。

You spoke in English, whose language I didn’t understand.

ウサギ
違います。問2は which です。

You spoke in English, which language I didn’t understand.
あなたは英語はを話したけど、その言葉を私は理解していませんでした。

実は問1は普通の関係代名詞なんですが、問2の方は関係形容詞と言いまして少々堅苦しい表現で、which
language で1つの関係代名詞と考えることもでき……

サル
???

ウサギ
まぁ、要するにこういうことです。

・(  ) の後ろの単語と先行詞が ≠ の関係。→ whose
・(  ) の後ろの単語と先行詞が = の関係。→ which

サル
なるほど、問1は「English ≠ grammar」だから、whose を使う。問2は「English = language」なので、which を使うんですね。

ウサギ
= になるのか ≠ になるのかの見分け方は、be動詞を使うと分かりやすいですよ。これは補語と目的語の見分け方と同じですね。

English is grammar. / 英語は文法です。(意味が変なので ≠)
English is language. / 英語は言語です。(意味が正しいので =)

でも、実は which を使った関係形容詞は、in which case というように「, 前置詞+which+名詞 ~」という形で用いられ、先行詞は前文の句や節、もしくは全文を先行詞にすることが多いのです。そしてそういうときはこのテクニックは使えな……

サル
???

ウサギ
いや、分からなかったらいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました