挿入句 / 連鎖関係詞節に注意しよう

この記事は約2分で読めます。
問題(   ) 内に適する語を入れなさい。
I was looking for my son (  ) I believed was playing in the athletic field.
1. who / 2. whose / 3. whom / 4. which

ウサギ
(  ) の中には何が入るでしょう? では、サル君。

サル
これは簡単です。まず (  ) の前が「人」なので「4」の which は違います。そして (  ) の後ろが「主語+動詞」なので、正解は「3」の whom です。

I was looking for my son whom I believed was playing in the athletic field. ですかねぇ。

ウサギ
違いますよ。正解は「1」の who です。

I was looking for my son who I believed was playing in the athletic field.
運動場で遊んでいると思っていた息子を、私は探していました。

これは連鎖関係詞節と言いまして、I know などが関係代名詞の後ろに挿入されることを言います。これによって、関係詞がもともとある2つの文節の働きだけでなく、挿入された文章に対しても、働きを持ちます。この連鎖関係詞節の用法の関係詞は、制限 (限定) 用法にの場合において主格でも省略が可能になります。

サル
???

ウサギ
説明が難しかったね。じゃあ単純に、(  ) の後ろの I believed は挿入句と考えましょう。

関係代名詞の問題では、挿入句は省いて考える。

サル
ということは、こう考えたら良いんですね。

I was looking for my son (  ) was playing in the athletic field.

(  ) の後ろは was playing ~ なので動詞と考えれば、(  )に入るのは「1」の who ですね。

I was looking for my son who playing in the athletic field.
運動場で遊んでいる息子を、私は探していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました