no と not の使い分け

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

no を使う

問題(  ) 内に適する語を入れなさい。
There is (  ) flower in the garden.
1. not / 2. no

サル
普通に考えて、これでいいんじゃないですか。

There is not flower in the garden.

ウサギ
違います。正解はこうです。

There is no flower in the garden.
その庭には花が一つもありません。

not を使いたかったらこうなります。

There is not a flower in the garden.
その庭には花がありません。

サル
not を使うには a が必要ってことですか。まぁ、そう言われればそうですね。

スポンサーリンク

not を使う

問題(  ) 内に適する語を入れなさい。
問1 This flower is (  ) beautiful.
1. not / 2. no

サル
a がないんで、こうですね。

This flower is no beautiful.

ウサギ
違います。正解はこうです。

This flower is not beautiful.
この花は美しくありません

no と not の使い分け

サル
なんかわからなくなってきてしまいました。今まであまり気にしていなかったけど、no と not の区別ってどう考えたら良いんですか。

ウサギ
これは (  ) の後ろに注目するといいよ。1問目は「冠詞のない名詞」、2問目は「形容詞」でしょ。 実はそれだけで答えが出るよ。

サル
えっ。本当に?

ウサギ
簡単に言うと、こういうことです。

(  ) の後ろが、冠詞のない名詞の場合は no。

ついでに no の兄弟語として、準否定語の few / little があります。

no / few / little は、後ろに冠詞のない名詞がくる

さらに not の兄弟語は never の他に、準否定語の hardly / scarcely / seldom / rarely があります。

not / never / hardly / scarcely / seldom / rarely は、動詞・助動詞の後ろにくる

サル
なるほど「否定語」は、グループ分けして覚えるのがいいんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました