等位接続詞の考え方

等位接続詞の考え方高校レベル英語の解説
問題(  ) 内に適する語を入れなさい。
問 Can you tell the difference between rice grown in Japan and (  ) ?
1. American one / 2. American rice / 3. one of America / 4. rice of America

ウサギ
等位接続詞の and に注目して考えてみよう。

サル
(  ) の直前にあるね。で、どう考えるのですか?

ウサギ
実は等位接続詞の前後には、こういうことが言えます。

等位接続詞の前後には、文法的に同等なものがくる

サル
選択肢は「句」ばかりで、「文」はないから、(  ) の内容は、等位接続詞の直前にある「名詞句」に対応する語が (  ) に入るんだろうね。

すると「rice grown in Japan」に対応するものが(  )に入るから、「rice grown in America」を選択肢から選べばいいんですね … って、そんな言葉が選択肢にない!

ウサギ
考え方はそれで OK ですよ。その考え方で解ける問題が結構多いんだけど、この問題は特別難しくて、後は文法的に絞っていくしかないね。

まず代名詞 one は「a+名詞」を指します。つまり数えられる名詞にしか使えません。この英文では rice を指したいんだろうけど、rice は「数えられない名詞」だから、代名詞 one が入っている選択肢「1」と「3」はダメです。

one は「数えられない名詞」の代わりに使えない。

サル
残ったのは「2」と「4」ですね。形的にいえば「4」の rice of America の方が、rice grown in Japan に、なんとなく似ているけど。

ウサギ
前置詞の of は限定をあらわすので、rice に the をつけないとダメ。これが rice from America だったなら限定の意味がないのでいいんだけどね。

だから正解は「2」の American rice です。

Can you tell the difference between rice grown in Japan and American rice?
日本産米とアメリカ米の違いがわかりますか?

サル
逆に考えたら「Japanese rice / 日本米」と「rice grown in Japan / 日本で育てられた米」は同じことですね。しかし、これは難しい。等位接続詞だけに、正解までが遠い (とうい) ね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました