ライフ・オブ・バーズ / 鳥の世界

この記事は約2分で読めます。

『ライフ・オブ・バーズ / 鳥の世界』というDVDを購入しました。

どんなものかといいますと、10巻セットで、要は鳥の生態をあれやこれやと教えてくれるやつなんですが、これが結構面白いのです。

そして調べてみると同じような種類のやつが「プライベート・ライフ・オブ・プランツ / 植物の世界」「ライフ・イン・ザ・アンダーグロウス / 昆虫の世界」と、あったんです。で、買ってしまおうか? とかいろいろ考え……

いやそういうことが言いたいのではなく、今回はそのタイトルに注目してみます。

まず「鳥の世界」ですが、アマゾンではタイトルが上記のようなカタカナ表記になっていますが、実際はこうなっています。

THE LIFE OF BIRDS

「植物の世界」は
THE PRIVATE LIFE OF PLANTS

「昆虫の世界」は
LIFE IN THE UNDERGROWTH

よく見てみると、「鳥の世界」と「植物の世界」には LIFE に、定冠詞の THE が付いていますが、「昆虫の世界」には付いていないですね。

で、あらためて見てみるとそもそも「アンダーグロウス」ってなんなんだ?

タイトルを見比べると
birds = 鳥、
plants = 植物、だから
undergrowth = 昆虫? ではなく、「藪 (やぶ)」という意味なんですね。

ということで the の付いている「鳥の世界」と「植物の世界」の life は「生活」とか「暮らし」とかいう意味になり、「昆虫の世界」の life は「生物」という意味の抽象名詞なので、the という定冠詞が付いていなかったということなのです。

それで life in the undergrowth で「藪の中の生物」→「昆虫の世界」ということです。

ついでに「植物の世界」の life には private が付いています。ですので「誰も知らなかった植物の世界」みたいなのが原文に近い意味でしょう。しかし日本語訳タイトルは調子を合わせるために省略したのでしょうね。

Amazon | BBC The Life of Birds -鳥の世界- DVD-BOX (10エピソード, 489分) BBC EARTH ライフシリーズ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください] | 映画
邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
スポンサーリンク
中学レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました