MAISON IKKOKU

この記事は約6分で読めます。

めぞん一刻の文庫版に書いてある英文です。ふと気になったので訳してみました。久しぶりに読み返しましたが、面白いですね。

スポンサーリンク

一巻

An apartment house “Ikkokukan” is in a bustle every day. It is the stage of romance, comedy, horror and tragedy of its tenants. Misunderstanding and misfortune bring an unexpected ending to their story. A world-shaking masterpiece by Rumiko Takahashi.

bustle / にぎわい、喧騒
tenant / 借用者
world-shaking / 世界を揺るがす
masterpiece / 名作、傑作

アパート「一刻館」は毎日大騒ぎです。そこは、その住人のロマンス、コメディ、恐怖、そして悲劇の舞台です。誤解と不幸は、予想外のエンディングを彼らの物語にもたらします。高橋留美子による世界を揺るがす傑作。

スポンサーリンク

二巻

“Kyoko-san, I love you!” Godai’s voice echoes vainly. The odd tenants of Ikkokukan are involved in comical romance with a beautiful widow, Kyoko Otonashi. Can Godai win her heart?

vainly / 無駄に、むなしく
involve A in B / AをBに巻き込む
widow / 未亡人

「響子さん、好きじゃー!」五代の声はむだに反響する。一刻館の奇妙な住人たちは美しい未亡人、音無響子とのコミカルなロマンスに巻き込まれる。五代は彼女の愛を勝ち取ることができるか?

三巻

Kyoko gives a meaningful answer to Mitaka. Godai misunderstands her words and decides to leave Ikkokukan. Kyoko believes that Godai is going to live with a girlfriend. Comedy of love confused by errors and accidents.

meaningful / 意味ありげな

響子は三鷹に意味ありげな答えをする。五代は彼女の言葉を誤解し、一刻館を去ると決める。響子は、五代がガールフレンドと住もうとしていると信じる。誤りとアクシデントによって混乱したラブコメディ。

四巻

Godai’s grandmother comes to stay unexpectedly. By her frank words, Godai and Kyoko begin to suspect that they are mistaken. Just then, Mitaka shows up and all of they are thrown into another confusion.

五代の祖母が、滞在するために不意にやって来る。彼女の率直な言葉によって、五代と響子は、彼らが勘違いしていることに感づきはじめる。ちょうどその時、三鷹が現れて、彼らのみんなが別の混乱に投げ込まれる。

五巻

All member of Ikkokukan come together to the station to see Godai’s grandmother off, who is going home at last. The train is delayed, so they begin a farewell party on the platform. They get too excited and ……

who は Godai’s grandmother を先行詞とする関係代名詞。
at last / ついに、ようやく
farewell party / 送別会

ようやく家に帰る五代の祖母を見送るために、一刻館のすべてのメンバーが駅に一緒に来る 。列車は遅延している。それで、彼らはプラットフォームで送別会を開始する。彼らは興奮しすぎて、そして……

六巻

Nikaido moves in to Room 2. Among the eccentric tenants of Ikkokukan, Nikaido turns out to be a suitable newcomer. When he starts a confusion with Yotsuya and Akemi, Godai cannot stay away from it.

二階堂が二号室に引っ越してくる。一刻館の風変わりな住人の間では、二階堂は、適当な新来者であると判明する。彼が四谷と朱美とゴタゴタを始める時には、五代はそれから離れられない。

七巻

Godai has managed to graduate from college but has not found a job yet. Mitaka seems to marry a young lady of a noble family. When he learns that heartbroken Kyoko is going on a trip, he tries to follow her.

managed to ~ / なんとか~する
seem to ~ / ~らしい、~しそう
try to ~ / ~しようとする

五代はどうにかして大学を卒業するけれども、まだ仕事を見つけていなかった。三鷹は高貴な家族の若い婦人と結婚するらしい。失望した響子が旅行に行くのを知って、彼は彼女を追いかけようとする。

八巻

Godai begins to work at a day nursery but is soon fired because of personnel cut. He takes a part-time job as a barker of a cabaret. The tenants of Ikkokukan are willing to help him in need.

barker / 吠える動物、客引き
in need / 困っている

五代は保育所で働きはじめるけれども、人員削減のためすぐ解雇される。彼はキャバレーの客引きとしてアルバイトの仕事を得る。一刻館の住人たちは快く困っている彼を助ける。

九巻

Mitaka begins to make move. He introduces his parents to Kyoko’s and takes Kyoko with him to a hotel. Godai wanders through the town in search of the two. Somehow or other he has to settle the matter with Mitaka.

wander / さまよう
in search of ~ / ~を探して

三鷹は動き始める。彼は彼の両親を響子の両親に紹介し、響子をホテルへ連れていく。五代は二人を探して町中を歩き回る。何とかして、彼は三鷹との問題を解決する必要がある。

十巻

Tenants of Ikkokukan give a variety of trouble to Godai and Kyoko. After a long struggle and a lot of misunderstanding, Godai wins Kyoko’s heart. With many comical episodes, masterpiece by Rumiko Takahashi touches every reader.

一刻館の住人は、五代と響子に様々なトラブルをもたらします。 長い苦闘と多くの誤解の後、五代は響子の愛を勝ち取ります。 コミカルなエピソードが数多くある、高橋留美子の傑作があらゆる読者を感動させます。

めぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫) | 高橋 留美子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高橋 留美子のめぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 留美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。まためぞん一刻 文庫版 コミック 全10巻完結セット (小学館文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク
中学レベル英文法・長文の解説
この記事が参考になりましたら
いいねして、最新ニュース情報を、チェックしてください!
シェアをお願いします!
ネコでも解ける、お気楽英語

コメント

タイトルとURLをコピーしました