サンドイッチ型の関係代名詞

問題

次の日本語を英語にしなさい。
問1 私はカナダに住んでいる弟がいます。
問2 ドアのそばにいるその少年は私の弟です。

ネコ
さっぱりわかりません。

ウサギ
関係代名詞の英作文はベースとなる文を見抜くことから始めるといいですよ。
問1は「私はカナダに住んでいる弟がいます
問2は「ドアのそばにいるその少年は私の弟です
まずこの赤字の部分を英作してみましょう。

ネコ
問1は、I have a brother.
問2は、The boy is my brother. ですね。これくらいなら大丈夫だ。

ウサギ
それで、問1なら「そいつはカナダに住んでいる」のですから、関係代名詞の who を使って、who lives in Canada となり、それを a brother にくっつけるのです。三単現のsを忘れてはいけませんよ。

ネコ
ということは
問1 I have a brother who lives in Canada. ですね。思ったよりも簡単ですね。

問2は「そいつはドアのそばにいる」ですから、くっつけるのは who is by the door だな。
問2 The boy is my brother who is by the door. ですかねぇ。

ウサギ
問1は正解です……が、問2は間違いです。

ネコ
え? 問1と問2は同じようにやりましたよ。なんで片方が正解で、もう片方が不正解なのですか?

ウサギ
問1はいわゆる「しっぽ型(彗星型・ほうき型・結合型とも言う?)」です。これは後ろに関係代名詞のかたまりをしっぽのようにくっつけたらいいだけなので、それほど問題はないと思います。

問2はいわゆる「サンドイッチ型」です。先に答えを言いますと
The boy who is by the door is my brother. となります。
青字赤字で挟み込んでいて、サンドイッチみたいでしょ。

ネコ
「ドアのそばに立っている」は「その少年」を修飾しているのであって、「私の弟」を修飾しているわけではないということですね。それで関係代名詞は修飾する語の直後に置かれるから、サンドイッチ型になる……はぁ、難しいですね。

ウサギ
問題文の日本語に注目してみましょう。問1はサンドイッチ型、問2はしっぽ型ですね。

つまり、日本語がサンドイッチ型なら英語はしっぽ型、日本語がしっぽ型なら英語はサンドイッチ型ともいえるのです。ただ、日本語は語順に厳密ではないので、これはあくまで参考までに……

関係代名詞の先行詞とは? 見つけ方とポイントへ進む
目的語になる関係代名詞 that/whichへ戻る

中学英語トップ

Page Top

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。

How about some links?

Who are you guys?

  • ウサギ

    先生

    名前:ウサギちゃん 部活:ESS(英会話) 血液型:A型 クラスの委員長。英検準1級所持。 ねこちゃんとは幼なじみ。 定期テストの点数が悪いというねこちゃんの悩みを聞いて家庭教師をすることに……。

  • ネコ

    生徒

    名前:ねこちゃん 部活:ソフトボール部 血液型:O型 飼育係。 英語の基本を見直したいと思っている。 でも英語が大嫌いで、苦手なので少し諦めている。 「手っ取り早く英語のポイントを知る事ができたらなぁ」

  • サル

    生徒

    名前:サルくん 部活:野球部 血液型:B型 黒板消し係。 英語なんてできなくてもいいと思っている。 でもテストのために仕方なしにやっている。 すぐに調子に乗って、ガラスを割るあわて者。