間接疑問文の語順

間接疑問文とは

POINT

疑問詞がある疑問文が文中に入った文のことを「間接疑問文」という。間接疑問文は、疑問詞のうしろを『主語+動詞』の語順にする。

ネコ
??? 何を言っているのか意味がわからないよ。まぁいいや、問題をやってみよう。

問題

What does he want? [ Do you know に続けて]

ネコ
この問題をすればいいんですね。ん? I know に続けたらいいのですか?
Do you know what does he want? ですかねぇ。

ウサギ
違うよ。最初の説明をちゃんと理解してやらないとダメですよ。疑問詞のうしろを『主語+動詞』の語順にする。 って書いてあるでしょ。だから正解は Do you know what he wants? です。三単現のs を忘れてはいけないのがポイントですね。

ネコ
疑問詞のうしろを『主語+動詞』にするんですね。ふむふむ。でも今まで散々「疑問詞のうしろは疑問文の語順」と言われてきたから、いきなり疑問詞のうしろが『主語+動詞』と言われても、ピンとこないよ。もう少し説明してくれませんか?

ウサギ
じゃ、What does he want? という文章からみていくね。
what = 」「 does he want = 彼は欲しいですか?」となります。
does he want の部分は疑問文の形なので当然疑問文として訳をします。で、その2つをあわせて「彼は何が欲しいですか?」ですね。

ネコ
what が「何」で does he want が「彼は欲しいですか?」あわせて「彼は何が欲しいですか?」……うんうん。わかります。

ウサギ
じゃ、次は Do you know what he wants? をみていくね。
do you know = あなたは知っていますか?
what = 」 「 he wants = 彼は欲しい」となります。
what のうしろの he wants は普通の文の形なので、疑問文として訳をしてはいけないですね。で、その3つをあわせて「彼が何を欲しいのか、あなたは知っていますか?」ですね。

ネコ
「彼は何が欲しいですか?」と違い、「彼が何を欲しいのか」は疑問文ではないので、疑問文の語順にしてはいけないということ……なんだろうけど、まだしっくりこないなぁ……

ウサギ
じゃあ、魔法の呪文を教えてあげよう。「アイドンノーワッチューミーン」 これを10回唱えてみましょう。

ネコ
「アイドンノーワッチューミーン」「アイドンノーワッチューミーン」「アイドンノーワッチューミーン」……………………………………………………「アイドンノーワッチューミーン」「アイドンノーワッチューミーン」。

もしかして、この「アイドンノー」っていうのは I don't know のこと?

ウサギ
おっ、鋭いね。
で、「ワッチューミーン」というのは what you mean のことです。
「 I don't know what you mean. / アイドンノーワッチューミーン」で

『あなたが何のつもりで言っているのか、私にはわかりません』という意味です。この例文は定期テストでほぼ確実に出題されるので、丸々覚えないといけません。

で、「ワッチューミーン」というのが what you mean なのだから、「アイドンノーワッチューミーン」で I don't know 疑問詞+主語+動詞 の語順になることがつかめるよね。その感覚を自分のものにすることができたら、この間接疑問文は大丈夫です。

ネコ
I don't know what you mean. / 何が言いたいのか分かりません…………

ウサギ
…………

主語になる関係代名詞whoへ進む
名詞を説明する分詞にbe動詞はいらないへ戻る

中学英語トップ

Page Top

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。

How about some links?

Who are you guys?

  • ウサギ

    先生

    名前:ウサギちゃん 部活:ESS(英会話) 血液型:A型 クラスの委員長。英検準1級所持。 ねこちゃんとは幼なじみ。 定期テストの点数が悪いというねこちゃんの悩みを聞いて家庭教師をすることに……。

  • ネコ

    生徒

    名前:ねこちゃん 部活:ソフトボール部 血液型:O型 飼育係。 英語の基本を見直したいと思っている。 でも英語が大嫌いで、苦手なので少し諦めている。 「手っ取り早く英語のポイントを知る事ができたらなぁ」

  • サル

    生徒

    名前:サルくん 部活:野球部 血液型:B型 黒板消し係。 英語なんてできなくてもいいと思っている。 でもテストのために仕方なしにやっている。 すぐに調子に乗って、ガラスを割るあわて者。