by を使わない受け身 (受動態)

ネコ
受け身 (受動態) は by をつかって、行為者を表せばいいんですね。もう完璧だ!

ウサギ
受け身 (受動態) の文は普通 by を使って行為者をあらわすんですけど、普通の文の目的語が受け身 (受動態) の文の行為者でない場合もあり、そのときは by ではなく別の前置詞が用いられますよ。

ネコ
ええーっ、そうなのですか?

ウサギ
この場合は決まり文句として、覚えておくのがいいですよ。

be known to ~ / ~に知られている
be known by ~ / ~によって判断される

例文

The fact is known to everybody. / その事実はみんなに知られています。
A man is known by his friends. / 人は友達によって判断される。

be made of ~ / ~でできている (材料 / 見た目で元が分かる)
be made from ~ / ~によって作られる (原料 / 見た目で元が分からない)

例文

The desk is made of wood. / その机は木でできています。
Bread is made from flour. / パンは小麦粉からできています。

ウサギ
次のような場合 (感情をあらわすものが多い) は、日本語では「~される」「~されている」とは言わないですが、英語では受け身 (受動態) で表されます。

be covered with ~ / ~で覆われている

例文

The mountain is covered with snow. / その山は雪で覆われています。

be surprised at ~ / ~に驚く

例文

I was surprised at the news. / 私はそのニュースに驚いた。

be interested in ~ / ~に興味がある

例文

I am interested in French. / 私はフランス語に興味があります。

be filled with ~ / ~に満たされている

例文

The garden was filled with flowers. / その庭は花に満たされています。

be pleased with ~ / ~を気に入る

例文

He is pleased with his new car. / 彼は新しい車を気に入っています。

be satisfied with ~ / ~に満足する

例文

They were satisfied with the result. / 彼らはその結果に満足した。

be dressed in ~ / ~を着ている

例文

She is dressed in white. / 彼女は白の服を着ています。

be based on ~ / ~に基づいている

例文

This story is based on fact. / この物語は事実に基づいています。

ネコ
たくさんありますね。何かいい覚え方はないですか?

ウサギ
受け身でbyを使わないときの前置詞」を参考にしてください。

現在完了とは?へ進む
by ~を省略する受け身 (受動態)へ戻る

中学英語トップ

Page Top

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。

How about some links?

Who are you guys?

  • ウサギ

    先生

    名前:ウサギちゃん 部活:ESS(英会話) 血液型:A型 クラスの委員長。英検準1級所持。 ねこちゃんとは幼なじみ。 定期テストの点数が悪いというねこちゃんたちの悩みを聞いて英語を教えることになりました。

  • ネコ

    生徒

    名前:ねこちゃん 部活:ソフトボール部 血液型:O型 飼育係。 英語の基本を見直したいと思っている。 でも英語が大嫌いで、苦手なので少し諦めている。 「手っ取り早く英語のポイントを知る事ができたらなぁ」

  • サル

    生徒

    名前:サルくん 部活:野球部 血液型:B型 黒板消し係。 英語なんてできなくてもいいと思っている。 でもテストのために仕方なしにやっている。 すぐに調子に乗って、ガラスを割るあわて者。