不定詞の副詞的用法

例文

I got up early to help my mother. / 私は母を手伝うために、早く起きました。

ウサギ
上の文は「get up / 起きる」、「help / 手伝う」という2つの動詞があります。

前にも言ったとおり、英語は1つの文に動詞は1つです。この文でいくと、「to help」で「手伝うために」という、「起きる」を修飾する副詞になっているのです。

ネコ
ということはこの to+動詞の原形は、「不定詞の副詞的用法」なんですね。

ウサギ
不定詞の副詞的用法の中でも「目的をあらわす副詞的用法」と言うものです。

目的をあらわす副詞的用法

POINT

「~するために」という、副詞的用法の目的の意味をはっきりさせるときには、「 to ~」 のかわりに 「 in order to~ 」 を用いることもあります。

例文

I studied hard to pass the examination.
= I studied hard in order to pass the examination. / 私は試験に合格するために一生懸命勉強した

ネコ
それからこんな英文があったんですよ。

原因をあらわす副詞的用法

例文

I am glad to hear the news.

えっと・・・「私はそのニュースを聞くためにうれしく思った」・・・??? なんか変ですよね。

ウサギ
感情をあらわす形容詞の後に不定詞が続くときは、「原因をあらわす副詞的用法」です。

POINT

感情をあらわす形容詞の後に不定詞が続くときは、「~して」と訳します。

ネコ
I am glad to hear the news.
「私はそのニュースを聞いてうれしく思った」・・・これでいいのかぁ。

あと、下のような不定詞の副詞的用法の英文があったんだけど、これはどう訳せばいいのですか?

結果をあらわす副詞的用法

例文

Tom grew up to be a teacher.

「トムは先生になるために成長した」とか「トムは先生になって成長した」だと変だよねぇ。

ウサギ
これは「不定詞の副詞的用法」の中でも、「結果をあらわす不定詞の用法」です。

POINT

結果をあらわす不定詞の用法は、前から順番に訳す。

ネコ
ということは、Tom grew up to be a teacher.は「トムは成長して、先生になった」ということですね。

不定詞の形容詞的用法へ進む
不定詞の名詞的用法へ戻る

中学英語トップ

Page Top

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡ください。

How about some links?

Who are you guys?

  • ウサギ

    先生

    名前:ウサギちゃん 部活:ESS(英会話) 血液型:A型 クラスの委員長。英検準1級所持。 ねこちゃんとは幼なじみ。 定期テストの点数が悪いというねこちゃんたちの悩みを聞いて英語を教えることになりました。

  • ネコ

    生徒

    名前:ねこちゃん 部活:ソフトボール部 血液型:O型 飼育係。 英語の基本を見直したいと思っている。 でも英語が大嫌いで、苦手なので少し諦めている。 「手っ取り早く英語のポイントを知る事ができたらなぁ」

  • サル

    生徒

    名前:サルくん 部活:野球部 血液型:B型 黒板消し係。 英語なんてできなくてもいいと思っている。 でもテストのために仕方なしにやっている。 すぐに調子に乗って、ガラスを割るあわて者。