やる気と成績をあげるためにするべきこと

熱心に教えている若い先生おすすめ勉強方法

受験勉強はよく、マラソンと例えられます。時間の長さと苦しさが似ているからですが、実はそれだけでありません。勉強というものをマラソンに例えながら、再度考えてみましょう。

スポンサーリンク

日々何を行なうのか?(フォーム)

マラソンを走るにしても、そのフォームが大切なのは言うまでもありません。力を入れるところは、力を入れないとスピードが出ません。また力を抜くべきところは力を抜かないと、すぐにばててしまい、逆にスピードを殺すことになります。

勉強においても同じ事で、そのスピードを「やる気」に置きかえて考えると、分かりやすくなります。やる気を殺さず伸ばしていくためには、不必要なところは最低限にして、必要なところに力を注ぐことが必要です。

不必要なところというのは、「教わる」ことであり、必要なところというのは、「分かった感」「できた感」を持つことになります。特に必要なのは「できた感」を日々積み重ねることです。

それこそ正しいフォームであり、それを繰り返していくことにより、スピードに乗った走りができるのです。

どのような方針で進むのか?(道のり)

マラソンには色々なコースがあり、それによって作戦を立てなくてはなりません。この平坦な道の向こうには、急な上り坂があるのでここでは抑え気味に進めていこう。この上り坂を越えたら、下り坂があるので、そこでスパートをかけていこうといったことです。

次に個人個人の能力があります。それによっての作戦も考えねばなりません。

実力が抜きん出ているのであれば、どんどん飛ばしていけばいいでしょうし、ぎりぎりであるのならば、ペース配分をしっかり考えていくべきでしょう。

またスタミナがなく、スピードがあるのならば、離されないように踏ん張り、トラック勝負にかけていくといった作戦も有効になります。

勉強においても同様であり、例えば学年や、時期(平常月・長期休暇)などによって取り組み方を変える必要があります。

また個人の実力や科目ごとの傾向によって、どこにどれだけの力を配分していくのかを、しっかりと考えていくことも必要となります。

どこまで進めばいいのか?(目標設定)

マラソンにはゴールがあります。そしてその距離は42.195キロと決まっています。恐ろしく長い距離ですが、どこまで走ればよいのかが分かっているから走ることができます。

世界記録を狙う人ならば、2時間をその距離で割って、ペースを計算して走っていくでしょうし、そうでなければ、それぞれのタイムの目標を持ってペースを考えることになります。

逆に距離も決まらず、目標とするタイムもない人が走ることができるでしょうか?

例えば授業中に居眠りをしていて、見つかってしまい、「校庭を10周走って来い」なら、さっさと走って終わらせてやろうと思うでしょうけれど、「校庭を走って来い」なら、やる気などわかず、走らずにさぼっちゃいますよね。

つまり試験日はゴールであり、志望校は目標タイムですこの2つがあってこそ「がんばり」がきくのです。この2つを意識しないまま「がんばろう」というのは、無理な話です

マラソンにおいては、10キロごとや折り返し地点で目標タイムを設定します。同じように勉強でも、年度ごと学期ごとなどで、目標を設定することはもちろん必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました